志田光つづき【追記×2:スペイン語アナウンサーの行動が問題視される】

外人好みの日本人顔
(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

世界的な認識では、AEWがすでに新日本プロレスより大きな団体です(他サイトこの記事)。

志田光は、その女子トップのわけですから、かなりの重責を担っている、と言えるでしょう。

そんな志田光は、明後日の日曜日(現地時間2021/5/30)、AEWのPPV,  Double or Nothingで、Dr.ブリットベイカーと対戦します。


・マイク


ブリットベイカーが出てきて
マイクをしているところ。

志田光は今回(2021/5/30)、Double or Nothingに先立ち、新ベルト贈呈式みたいな感じで出て来ました。

377日王座で、これはAEWの王者として歴代1位とのこと。

日本で認識されてないですけどね・・・。

で、こんな↓マイクしました。

志田光「私がタイトル獲ったとき、AEWで私は知るひとはいなかった」

志田光「でも、いまは違う」

志田光「応援してくれるみんなに、感謝しています!」

英語でした。

うまいですね。

ASUKAより、うまい感じです。

そこに次期挑戦者ブリットベイカーが、ありがちな襲撃アングルするとおもったら、ふつうに出てきて、わかった、挑戦する、みたいなこと言いました(上掲画像)。


・ライブクラウド


密度はあるけれども、
フルではない、
という感じ。

それより、AEWは、ライブオーディエンス入れ始めました。

上掲画像のとおり、マスクナシ密集なのですが、まだフルではないみたいですね。

Double or Nothingは、この観点からも見てみたいとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


追記:スペイン語アナウンサーの行動が問題視される


今回の志田光のマイク、英語ぜんぜん下手じゃなかったのですが、スペイン語のアナウンサーが、それをバカにしており(mocking)、業界に問題が広がっています。

参考:AEW SPANISH LANGUAGE ANNOUNCER MOCKS ASIAN ACCENT ON DYNAMITE

問題の行動は、以下のTwitterに記録されています。

参考:Twitter

こちょろど~ご~!みたいに言っているのがそれです。

Cagesideseatsの方がくわしいですね↓

参考:AEW Spanish language announcer caught on hot mic mocking Hikaru Shida’s accent

この↑アナウンサーチームにいるDasha Kuretってのは、あのダーシャさんじゃないみたい。・・・そっくりですが・・・。


追記:解雇されたみたいです


問題発覚から2時間も経ってないとおもいますが・・・

問題のスペイン人アナウンサー瞬殺解雇です。

参考:AEW SPANISH LANGUAGE ANNOUNCER FIRED AFTER MOCKING ASIAN ACCENT

いまのところ事実関係だけで、志田光からも、AEWからもコメントは無いとのこと。