2021年度版All-in-One WP Migrationインポート容量制限解決策

All-in-One WP Migration

こんばんは、編集長です。

本記事は、上掲画像で固まっているひと限定の話になるでしょうから、手っ取り早く解決策を伝えることにします。


・RollBack


結論から言えば、プラグインが改悪されたときの定番、WP Rollbackを使います。

それで、All-in-One WP Migrationを、バージョン 6.68に落すのが正解のようです。

ただ、私自身が採った策は、下記リンク先にあるzipファイルを、ダウンロードし、それで、改悪されたAll-in-One WP Migrationを置き換える、というものでした。

リンク:https://drive.google.com/file/d/19Nu0oLahhAaETsH_OPp8jFDFuvgCxFZ6/view

上方にあるZIPエクストラクターを開くをクリック、でよいです。

情報源は、下記記事。

参考:【2021年版】5GB 無料でAll In One WP Migrationの容量の制限を上げてインポートする方法

いずれにせよ、本サイト(アングラ~)は、引っ越し時の分量がエクスポートしたもので、299MBでした。

容量制限あげても、500MBでしたので(上掲参考のタイトル5GBと違うのですが)・・・

・・・いずれにせよ、サイト引っ越しは、マズイとおもったら即断でやったほうがいいです。

平日(サーバー先のサポートが利用できるため)、正午ごろからスタートして、できれば、夕方6時くらいに終わらせられればベストです。

単純な引っ越し作業のみならず、プラグインの不具合とか、じつに色々起こります。

その日は、それで潰す・・・くらいの覚悟でやってください。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m