ロンダラウジーが新SD女子王者に!(2022/5/8 WrestleManiaBacklash)

止めない!
止めない!!
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

I QuitMatchって、私勘違いしていたんですけど、新日本プロレスでありがちな”負けたら引退”じゃなくて、単純に”まいった”するまで続ける、という試合形式みたいですね。

参考:アイ・クイット・マッチ(Wikipedia日本語)

参考:Hell in a Cell まとめ(2020/10/25)

この↑ヘルインアセルみていたとき、ロマンレインズ vs. ジェイウーソー(Bloodlineが生まれる直前)の I Quitマッチは、引退をかけてやっているもんだとおもってました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・どんな試合だった?


まいった!
まいった!
って!!

さて、実質的にメインイベントだったシャーロット vs. ロンダラウジーですが・・・

ロンダラウジーの人気を出したい、というWWEの思惑が見え隠れする試合でしたね。

ストーリーラインはチェックしていなかったんですが、もう試合始まる前からシャーロットはヒール扱いでした。

I Quitマッチは、なんでもアリなので・・・

ほぼ場外で、お客さんと触れ合う(トップ画像)のが試合の中心を占めました。

間近に見るロンダラウジーに感激してファンになってほしい・・・というWWEの考えの反映です。

ロンダラウジーは、WrestleManiaからのつづきで、プロレスの技術は上がってましたね。

参考:シャーロット vs. ロンダラウジー(2022/4/2 WrestleMania38)

基本、柔道で、投げ(一本背負い、巴投げもする)と、下から突き上げるヒザです。

プロレスファンからしたら、もう一歩ほしいかも。

でも、シャーロットの投げにきちんと受け身で来ていました。

そんなロンダラウジーが最後、シャーロットの「母の日おめでとう」という皮肉(ロンダラウジーは出産のためWWEを離れていた)のスキをつき・・・

イスを複雑に絡めたアームバーで、シャーロットの口からI Quitを引きだしました(上掲画像)。

さっそくシャーロットは、ストーリーラインで負傷、という扱いになったもようです。

参考:Charlotte Flair taking time away from WWE to get married

アンドラーデと結婚式をあげて・・・

一気に出産まで行くのかな?

なんかシャーロットの馬力だったら、なんでもしそうだな。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m