ビッグキャスその後(2021/6/12 AgainstAllOdds)

WWEのトップまで
当然行くものと
おもわれていた。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

なかなか取り上げられなかったのですけれども、ImpactWrestlingに流入した選手で、注目すべきだったのが、現W. Morrissey(ダブリュ・モリッシー)です。

ビッグキャスです。

知らないひとは↓別サイトですが、ここら辺の記事読んでください。

世界のナカムラとビッグキャス。

ビッグキャスのヒールマイク。

えんぞ~とビッグキャス。

真面目に仕事していれば、今頃、ドリュー・マッキンタイアくらいの地位にいた選手です。

イケメンでグッドシェイプなので、相当人気が出ていたことでしょう。

でも、気性が荒いというか、精神的に不安定なところがあるみたいで、ビンスマクマホンの逆鱗に触れ、解雇されました。

これは私、たぶん扱ってなかったとおもう。

なんか、イジメのアングルをやりすぎたんですよ・・・。


・今度こそ頂点になれるか


リッチスワンを、
おもちゃのように痛めつけ、
勝利。

モリッシー(ビッグキャス)、身長213cmもあります。

しかもモンスター系でなく、しっかり四肢のバランスがとれているので、ビンスマクマホンが一番気に入るタイプでした。

つまり、スタジアムのような大会場で栄える。

興行向けの選手。

逆にいえば、WWEで最も輝く選手なので、そこ(WWE)からこぼれた選手の集まるImpactWrestlingや、AEWでは、もしかしたら、スペックオーバーかもしれません。

今回のリッチスワン戦は、ちょっと、その感じが出て危うげにもみえました。

よい抗争を経て、出世できるといいですね。

・・・あ、試合は、上掲画像のとおり、リッチスワンをもてあそんでました。

一応、リッチスワン、ImpactWrestling王者だったんですが・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m