ダミアンプリースト vs ドリューマッキンタイア(2024/6/15 ClashAtTheCastle)

ドリューマッキンタイアの晴れ舞台!
(出典:WWE)

 

こんばんは、ヤマガタです。

 

ClashAtTheCastleの続きです。

 

参考:AJスタイルズ vs コーディローズ(2024/6/15 Clash at the Castle)

 

スコットランド開催ということで、なによりも注目が集まったのは地元出身のドリューマッキンタイアの試合でした。

 

もう”新設”とは呼べなくなりましたが、世界ヘビー級王座がメインになったのは・・・

 

参考:紫雷イオのシングル王座戦決定ほか(2023/4/24 RAW)←ここに世界ヘビー級王座新設時の話があります。

 

・・・まるで新日本プロレスでインターコンチネンタル王座がメインになったような”新しみ”がありました。

 

(画像出典はWWEです。)

 

CMパンクが介入

この試合の最も象徴的なシーン

 

試合のポイントだけまとめると、WrestleMania前後からずっと続いているCMパンクとドリューマッキンタイアの抗争(実話に基づいているとも言われる)が延長された、という感じです。

 

参考:CMパンク続き(2023/11/29)

参考:CMパンクとドリューマッキンタイア(2024/1/8 RAW)

参考:WrestleManiaXL第2日目(2024/4/7全結果済)

参考:ドリューマッキンタイア vs セスロリンズ(2024/4/7 WrestleManiaXL第2日目)

 

ありがちなレフェリー失神を経てドリューマッキンタイアが”一度は勝つ(でもレフェリーが居ないからカウントが入らない)”のですが、そこで代役レフェリーとして介入して来たのがCMパンクだったのです(上掲画像)。

 

2カウントまで取り、3カウント目も余裕で入るのにマットを叩かず”ツーだ”とドリューマッキンタイアに見せつけます(上掲画像)。

 

これはいかにもパンクらしいセグメントだったし、パンクのヒールターンでもあったのかな?

 

とにかく、これをきっかけにしてひと悶着した後、金的を喰らったドリューマッキンタイアが、そのまま蘇生したダミアンプリーストにSouthOfHeavenをされ、スリーカウントと取られ負けました。

 

ダミアンプリーストの怪我

 

本試合は予定されていなかった出来事があって、それはダミアンプリーストがロープワークで滑ってヒザを痛めた、ということでした。

 

これについては、当日ロープの張りに問題があり、ダミアンプリースト以外のレスラーにも事故が起こったことが報告されています。

 

Cagesideseats: Shayna Baszler & Jade Cargill trade shots over Clash at the Castle ‘ropes issue’

Cagesideseats: Rumor Roundup (June 19, 2024): Drew McIntyre praise, Wyatt Sicks plans, WWE ropes, more!

 

それはともかく、なんかドリューマッキンタイアのスターパワーがLAナイト並みに上昇している気がします。

 

・・・・・

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました