エマその後(2021/6/17 ImpactWrestling)

現在芸名は、
テニルダッシュウッド(Tenille Dashwood)。
向かって右下にいるのが、
マネージャーというかカメラマンというか・・・
カレブ(Kaleb)。
こういうキャラ雇える時点で、
ImpactWrestlingって結構余裕あるのかなあ。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

AEWの恩恵を一番受けているImpactWrestling。

業界のハイエナなのか古参なのか、よくわかりませんが・・・エマ(EMMA)が、いまそこにいます。

エマ・・・覚えていないでしょうね。

ASUKAが昇格後、初めて、しかもPPVで対戦した相手です。

くわしくは、他サイトこの記事を参照してください。

直後にクビになってます。

・・・・


・Rachael Evers/Rachael Ellering


向かって右:エマ(テニルダッシュウッド)
左:レイチェルエバース(エラリング)

今回(2021/6/17)、エマの対戦相手となった、レイチェルエラリングも、エバースのリングネームでWWEで活躍してました。

いや、活躍できなかったので、クビになったんですが。

結構最近、コロナ禍大量解雇要員だったみたいで、2020年5月解雇だったみたいですね。


・WWE同窓会的だけどいい試合


Reboud Leg Drop !!
YouTubeでムーブまとめ系チャンネル
バサバサ垢バンされているけど、
便利なんだから止めてほしい。
今回は、
All for Fearless Redさんの仕事のおかげで、
レイチェルエバースのムーブ分かりました。

レイチェルエバース・・・STO (Space Tornado Ogawa=プロレスナイズされた大外刈り※) とかして、いい選手なんですが・・・

まあ、みてのとおり、地味なんですよ。

だから、解雇されたんだとおもいます。

Wikipedia(Professional wrestling throws)

で、レイチェルエバースの鮮やかなリバウンドレッグドロップがあったんですが(上掲画像)・・・

最後は、エマ(テニルダッシュウッド)の相方カレブの介入があり・・・

エマが勝ちました。

ImpactWrestlingの女子トップは、エマよりWWEで出世できなかったデオナプラッツォなんですが・・・

・・・けっこうゲスいやり方でWWEおさがり選手を取り入れているImpactWrestlingのレベルは上がって来ているという印象です。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m