【噛みつき,追記X1】リマ vs セベリーニョ(2024/3/23 UFC on ESPN 53)

アンドレリマ(André Lima)
身長160cm, 体重57kg,
フライ級圏外,25歳.
ブラジル出身,無敗(7-0)
参考:Sherdog
vs
イゴールセベリーニョ(Igor Severino)
身長168cm, 体重57kg,
フライ級圏外,20歳.
ブラジル出身出身,無敗(8-0)
参考:Sherdog

こんばんは、山田です。

 

中位放送onESPNのつづきです。

 

参考:マイルズジョンソン vs コーディギブソン(2024/3/23 UFC on ESPN 53)

 

プレリムでしたが、おかしな現象が起こりました。

 

嚙みついちゃったんですね・・・

 

(画像出典はUFCです。)

 

セベリーニョの反則負け(DQ)でリマが無敗記録を伸ばす

言い訳ができないくらい歯形がくっきり。

 

ギロチン上に顔が抱え込まれた時、セベリーニョがリマに噛みついていたみたいです。

 

まさか・・・と思うかも知れませんが上掲画像のとおり歯形がくっきり。否定できない証拠として、セベリーニョの反則負けとなりました。

 

本試合はBite of the Nightとしてリマに賞金も降りたみたいです。

 

厳密には2Rの2:52まで試合はつづけられました。

 

その前にセベリーニョはアイポーク気味に手を伸ばしたことでレフェリーから注意も受けていました。

 

もうダーティファイターとしてお墨付きですね。

 

試合そのものも、基本的にリマが押してましたから、この結果に文句はないでしょう。

 

・・・・・

 

それでは、今回はここまでです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m

 

追記:2024/3/25(日本時間)

 

セベリーニョはクビになりました。

 

MMAJunkie: ‘Now you get cut’: Dana White removes Igor Severino from roster after UFC on ESPN 53 biting disqualification

 

試合後即座の決断だったみたいですね。

 

ダナホワイト「無敗の2人の選手だったが、上手く行かない場合、さまざまな手段があっただろう。」

ダナホワイト「だが噛みつくのは最悪の手段だ。」

ダナホワイト「君はクビだ。」

ダナホワイト「NSACの聴聞を受けることになる。」

“Those were two up-and-coming undefeated fighters,” White said in a text message. “If you get frustrated and want out of the fight, there are plenty of ways to do it, but the worst thing u can do is bite your opponent. Now, you get cut and lose the biggest opportunity of your life. Not to mention, he’s going to have real problems with the NSAC.”

 

NSACというのはネバダ州アスレチック・コミッション(Nevada State Athletic Commission)のことです。

タイトルとURLをコピーしました