セザーロ vs. ザックセイバーJr.(2022/6/26 Forbidden Door)

ザックセイバーJr.は、
もっと評価されてほしい。
(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

まだForbidden Door見ています。

参考:【試合結果】AEW x NJPW: Forbidden Door

AEW自身は本興行で視聴者数を取り返したみたいで、(その次の放送も特番というのがあったが)視聴者数100万人を久しぶりに記録したみたいです↓

参考:AEW Dynamite tops one million viewers for Blood & Guts
Dynamite finished first on cable with a 0.36 rating in the 18-49 demo.

そんななか、現在Cagematchで二番目に評価が高い8.55点を記録したセザーロ vs. ザックセイバーJr. 戦をみてみたいとおもいます。

本戦はセザーロのAEW電撃移籍戦でダニエルブライアンの代役でした。

二点・・・

✔ 芸名(リングネーム)は、クラウディオ・カステニョーリ(Claudio Castagnoli)。

✔  Blackpool Combat Club(ジョンモクスリー, ダニエルブライアン, ウィリアムリーガルからなるユニット)の一員になった。

・・・というのがセザーロの位置づけになります。

(以下、画像出典はAEWです。)


・セザーロが勝った


Ricola Bomb !!
(an arm-trap powerbomb)
どういうムーブかは↓ここで確認。
Claudio Castagnoli – Ricola Bomb(YouTube)
あ~・・・
セザーロROH出身か・・・

ならWWE離脱は、さもありなん。

個人的には不満の残る試合でした。

というのは、ザックセイバーJr.も初参戦だったんですよ。もしかしたら、ダニエルブライアンに金星あげる・・・というアングルもあったかも知れない。

いずれにせよ、アメリカというか世界に、彼の独特のスタイルー登場当初は大バッシングだった↓スタイルーを知らしめてほしかったんですね。

参考:なぜかザックセイバーJr.が叩かれる。

・・・でも、セザーロの登場で全部吹っ飛んでしまった。

観客が、セザーロみたい!になってしまったんですよ。

たしかにザックセイバーJr.のサブミッションの見せ場もありました(上掲画像)。

しかし、全部セザーロのパワーファイトで吹っ飛んでしまいます。

ジョバーでなかったんですけど、ザックセイバーJr.は雰囲気的にジョバーでした。

それが悔しかった。

でも、最初から最後までみれたのは実をいうと、本試合のみでした。

ザックセイバーJr.は、PACといい絡みするので(イギリスのインディーシーンでよくやっていた)・・・

そこにウィルオスプレイを絡めて、彼等の独特の味を出してほしい。

そんな風におもいました。

まあ、セザーロは、このレベルの団体に入ると法外なデカさですね。いかにWWEのレベルが高いのか、というのが逆にみえたりします。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m