ムースがImpact世界王者に!(BoundForGlory)

お子さん、
笑ってんじゃん・・・。
(出典:ImpactWrestling)

こんばんは、ヤマガタです。

BoundForGloryのつづきです。

Moose(ムース)という選手は、WWEも喉から手が出るほどほしかった選手みたいで、折につけ、メディアに登場します。

そのムースが、ついにImpactWrestlingチャンピオンになりました。

(以下、画像出典はImpactWrestlingです。)


・ジョシュアレクサンダーが新王者に(3分天下)


アンクルロック!
→クリスチャンケイジがギブアップ!

経緯は↓こんな感じでした。

① BoudForGloryのメインは、ジョシュアレクサンダー(Josh Alexander)vs. クリスチャンケイジのImpact世界王座戦。

② クリスチャンケイジは、よ~やくAEW派遣のお役御免でベルトを落とす(上掲画像)。

③ わっざとらしい家族総出の喜びの場面が演出される。ジョシュアレクサンダーのお子さん笑いこらえる(トップ画像)。

④ そこにムースがキャッシュイン!なんかのなんかでブリーフケース持ってんでしょう。

⑤ 幸せいっぱいの家族だんらんをブチ壊されたジョシュアレクサンダーが、3分天下を終える。


・ムース


スピア!!
→フォール!
→新王者ムース誕生!

ムース(Moose)という選手は、みるからに身体能力が高そうなレスラーで・・・

往年のマイケルジョーダンみたいな雰囲気をもってます。

AJスタイルズの相方オモスが、結局、でくの坊と判明したWWEは・・・

現在トップ戦線にあげた黒人選手として、このムースみたいなレスラーが、すっごく欲しいとおもっているはずです。

ビッグEだとちっちゃいんだよね・・・

ボビーラシュリーもイマイチなんだよね・・・。

このムースが、たぶん理想で、WWEからの魔の手は迫っているとおもう。

なので、WWEからの防御として、ImpactWrestlingは、このムースをとっととトップに立たせたんだとおもいます。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m