ムスタファアリ・リターン(2022/4/25 RAW)

オマエいたの?
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

ムスタファアリ・・・たしかアリに改名していたとおもいます。

リリースを要求していたのですが↓WWEに拒否されていたのでした。

参考:ムスタファアリが(ほとんど)リリース

今回、サプライズでリターンしました。

ちょうどASUKAとおなじ日↓でした。

参考:ASUKAリターン(2022/4/25 RAW)

(以下、画像出典はWWEです。)


・顛末(てんまつ)


こんな↓話でした。

MIZ TVでゲストは(オースティン)セオリー。この前フィンバラーから、US王座を奪取したばかり。

トークセグメントは全然盛り上がらない。(オースティン)セオリーは、以前の(今もそうだが)ロマンレインズのように会社(WWE)から大切に育てられている選手だけに、反感を買っている。

そこにムスタファアリが登場!

ムスタファアリ、苦笑いしながらリングに上がる。会場はリアクションなし。

しかし!時間差で経緯(ムスタファアリのリリース要請)を知るマニアックなファンから大歓声が起こる!

ここまで見たとき、なんかムスタファアリが、WWE内のAEWというか、そんな反体制勢力としてバケる可能性があるようにみました。

んで↓トークの内容。

ムスタファアリがマイクを持って話そうとした瞬間、ミズがマイクを押える(トップ画像)。

ミズ「辞めるんじゃなかったの?」

会場大盛り上がり。

ミズ「わかった!オマエ、弟のム”ファサ”アリだろ!?」

(オースティン)セオリーが声をあげて笑う。

ムスタファアリ笑っているが、すぐに顔が真剣になる。

ムスタファアリ「御託はいいんだよ!プロレスしに来たんだから!」

ムスタファアリ「サプライズ記念だ!オレとUS王座戦やってよ、(オースティン)セオリー!」

セオリー「・・・え~・・・イヤです。」

セオリー「その代わり、ただいま、わたくしのメンター(師匠)ビンスマクマホンにメールしたところ・・・ミズとならやってよい、という返信をいただきました。」

ミズ「おれ!?」

・・・・というわけで、ミズ vs. ムスタファアリ急遽決定しました。


・アリが勝った


トマソチャンパ改め
チャンパ。
ムスタファアリって、
2o5Live出身だから、
NXTのノリって
知らないんだよね。

このミズ vs. ムスタファアリで↓アリは元々負ける予定だったようです。

参考:Rumor Roundup (April 27, 2022): WWE’s interest in FTR, Mustafa Ali return, LA Knight, more!

そのくらいWWEはムスタファアリを、どうでもよい、とおもっていたのでしょう。

でもなにか閃くところがあったんでしょうね(制作部に)。

試合はムスタファアリが丸め込みでミズに勝ちます。

そして、その後、花道でムスタファアリが(トマソ)チャンパに襲われます(上掲画像)。

というわけで、ムスタファアリ vs.(トマソ)チャンパの抗争に発展するみたいです。

いや~・・・トマソチャンパ、MainEventの常連なので、心配していたんですけど、とりあえずRAWで出番与えられてよかったです。

なんか昇格に際して、チャンパはヒゲ染めたんだって。

参考:Tommaso Ciampa debuts new look ahead of expected WWE main roster call up

こういうところにショービジネスとしてのWWEのこだわりを感じますね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m