事件後どう自粛されるのか?(明神功武の事件)

出典:ANN

2021/8/12  17:00頃報道
本記事執筆公開 2021/8/12 17:30

こんにちは、比企です。

未遂でしたが、以下のような事件が起こりました。

女性の後つけ“わいせつ”大阪から上京の男2人逮捕(2021年8月12日)

明神功武容疑者(23)ら2人は4月、東京・文京区の住宅に侵入し、30代の女性を押し倒してわいせつな行為をしようとした疑いが持たれています。

警視庁によりますと、明神容疑者らは大阪から遊ぶために上京していて、帰宅途中の女性を見つけると後をつけました。

女性が玄関を開けた瞬間、肩をつかんで押し入り、「叫んだら殺すぞ」と脅しましたが、女性が大声を出すと明神容疑者らは逃走していました。

そして、その日のうちに新幹線で大阪まで移動したということです。

この手の未遂で終ったような軽い事件(被害者にとっては無論そんなことはないのですが)はサーバー負担などで、ニュース配信先から削除されるのが早いため、とりあえず記録させて頂きます。


・国際デザインビューティカレッジ学生と同一人物?


2018年の時点での
カレッジ側での報告。
名前が珍しいので、
おそらく同一人物・・・
と現時点で考えています。

上記報道時点で 23歳なので、おそらく上掲画像の専門学校生と同一人物だとおもいます。

グラフィックデザイン科学生作品、県展ポスターデザインコンペで県展ポスターに採用!
2018年05月18日 15:03

第72回県展のポスターデザインコンペにおいて、審査がおこなわれ
国際デザイン・ビューティカレッジ、グラフィックデザイン科2年生の
明神功武くん(高知丸の内高校出身)の作品がみごと選ばれました。
おめでとうございます。

5月16日(木)の高知新聞朝刊にも掲載されました。

友達の顔写真の瞳の中で県展8部門をイメージした色の線が交差するデザイン!
これまでになかった具像的なモチーフや県展8部門を目に焼き付けるという
意味合いが評価されました。
学校の授業で制作に取り組み、短い時間で力強いポスターデザインに仕上げました。

人間の瞳にある虹彩からヒントを得て多彩な色が瞳に映る様子を表現しています。

才能ある男性みたいですね。

逆に同一人物でないことを、私自身は本記事を書いていておもいました。

参考:http://blog.livedoor.jp/ryoma_cid/(上述の専門学校ブログ)

参考:上掲ニュースのFacebookバージョン

参考:国際デザインビューティカレッジホームページ

同一人物かどうかは、わからないですけれども・・・

事件後の展開で、どれだけ変化してゆくのか(つまり公開されている情報が、どう自粛、削除されてゆくのか)、これが本記事の関心です。

起こるのなら、見てみたいとおもいます。

上記情報が、間違っていたら、訂正します。