内藤哲也が引退をほのめかす

全文は英語で、
新日本プロレスサイト
参照。

こんにちは、ヤマガタです。

WrestleKingdom16の日ですね。

結局オミクロン株のせいで、新日本プロレスの描いたような成功の道にはない、と言えるでしょう。

カードもパッとしません。

注目は・・・

初日(2021/1/4):鷹木信悟(現王者)vs.オカダカズチカ

2日目(2021/1/5):本戦入りしたスターダムの試合

3日目(2021/1/8):NOAHとの対抗戦雰囲気だけ

・・・という感じで、あまり食指が動きません。

殺伐とした新日本プロレスのリングに、スターダムの選手あげると、なんか中坊男子(生粋の新日ファンが中学生なみ、という意味ではないです)の前に水着の女子出すくらいに危険なことにみえるのは、私だけじゃないでしょう。

みょうにエロいって、それだけです。


・明確に「引退」を語る


さて、内藤哲也は、去年(2021年9月)のG1で左ひざを痛め、メインは無理だったのですが・・・

・・・それも考えあわせ、明確に「引退」を語るようになりました。

内藤「引退」の二文字は、心のなかで大きくなっている。

内藤:実際、悲しいことだ。

“It’s just that the word ‘retirement’ is looming in my mind. That’s a sad thing for sure

記事のまとめとして↓以下を参照しました。

参考:NJPW Star Ponders Retirement Heading Into Wrestle Kingdom 16

これ↑もともとTetsuya Naitoだったんですけど、海外だと知名度ないのでNJPW Starに書き換えられたみたいです。


・40歳で辞めるつもりだった


内藤哲也は40歳で引退するつもりだったみたいです。

内藤:プロレスを始めたとき、40歳を区切りにして、そこで辞めるつもりだった。

“To tell the truth, when I started in the business, I thought I’d go until I was 40,”


・次はない、が逆にモチベーション


ただ、社内インタビューなので、結局、肯定的な方向でまとめられています。

内藤:「来年がある」は、もう通用しない。

内藤「2023年のレッスルキングダムではメインに立つ」

“It isn’t enough for me to say ‘there’s always next year’; at my age and my career level, there isn’t always next year. I absolutely need to be in the main event on January 4, 2023.”

・・・すこし険悪な言い方になってしまいますが・・・

内藤がメインに立つとしたら、もう引退セレモニーとしてしか、ありえないんじゃないか・・・

そのくらいオーラは失われているとおもいます。

コロナ禍で、W戴冠のインパクト(あそこが間違いなく内藤の頂点で、あそこから世界のトップに進むはずだった)が消え去ってしまったのが致命的なのは否定できません。

どうなるか。

ふたたびスポットライトを浴びてほしい、という期待は私にもあります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m