新しいタッグパートナー(2022/1/25 NXT2.o)

新しいタッグパートナーを
温かく迎える
イオ師範。
(終点:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

紫雷イオの昇格の線が出て来ましたね。

でも面倒くさい話として、目前のDustyClassic女子タッグトーナメントをチャチャっと済ませなければなりません。

(以下、画像出典はWWEです。)


・経緯


まんなかにいるのが、
ティファニーストラットン
(Tiffany Stratton)
ここだけみると、
すごい仲良さそうな3人。

DustyClassic女子タッグトーナメントですが・・・

まだゾイスタークのケガが治ってないようです。

でもタッグトーナメントが近づいている・・・

そこで↓こんなバックステージの話が組まれました(上掲画像)。

ゾイスターク「イオ・・・Dusty Classic迫っているわよね・・・」

ゾイスターク「私はケガで出れない・・・」

ゾイスターク「そこで代理のパートナーを探してほしいの・・・」

紫雷イオ「・・・オレ(意訳)は他とは組みたくない・・・」

ゾイスターク「それって・・・ツンデレしながら、じつは私のこと大好きってことじゃwwwwww」

紫雷イオちがう!ちがう!!ちがう!!!

ティファニーストラットン「お取込み中すみません・・・」

ティファニー「イオさん・・・もしよかったら、私をタッグパートナーにしてみては?」

ティファニー「今日、トライアルで試合しましょうよ。」

ティファニー「それでOKなら、タッグ結成ね!」

(ティファニーストラットン去る)

紫雷イオなんじゃ!あいつは!言いたいことばかり言いやがって!!(←だいたいこんな日本語)」

・・・というわけで試合になりました。


・勝った


ティファニーストラットンの
この負けの表情が、
非常によい仕事をしている・・・。

試合は、紫雷イオが、ムーンサルト→フォールで勝利しました(上掲画像)。

ただ、一方的な試合ではなく、ティファニーストラットンのよさも引きだされていました。

ほんとうにゾイスタークみたいな選手です。

いい選手ですね。

あとやっぱり、外人のなかに居ると、紫雷イオ、小さいですね・・・

昇格できたとしても、やはり、そこが懸念材料です。

ブリブリ(アレクサブリス)くらいしか好敵手おもいうかばないんだよなあ・・・

総じて、外人女子選手はデカいです。

・・・まあ、とりあえず、これで紫雷イオのタッグパートナーは、ティファニーストラットンで決まりでしょう。

しばらく見守りましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m