里村明衣子が女子王座防衛(2022/2/3 NXT UK)

Japanese Street Fight
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

WWEは決算絶好調みたいですね。

参考:WWE announces company-best $1+ billion in revenue for 2021

10億”ドル”ですからね。

1000億円ってことですね。

まあ、タレントカットに旨みを完全にみいだしてしまった・・・ということでしょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブレアダベンポート


このコーナーポストからの
フットスタンプで、
着地に失敗。
大きく左足首をひねる。

・・・で、NXT UK女子の絶対王者、里村明衣子です。

ぶっちゃけ、ちょ~っと人気下降線です。

もしかしたら、王座陥落と同時に裏方にまわる・・・という使われ方をするかもしれません。

そんな里村明衣子は、今年に入り、はやくもブレアダベンポートという選手と2戦目、しかも王座防衛戦です。

これがメインだったのですが・・・

試合開始後10分で、ブレアダベンポートが、Botchというか、それより深刻な負傷をしました(上掲画像)。

選手の技術が・・・と言わざるを得ないかもしれませんが、結構、NXT UKみていると、とくに女子部門で、こういった負傷が目立ちます。

左足首を捻ったブレアダベンポートが大声で痛がる声が場内に響き渡るかたちで、そのまま試合中止になりました。

結果としては、里村明衣子の防衛です。

里村明衣子「まだまだ、こヤツラには教えねばならんことが多いなあ・・・」

・・・と懐中おもったかもしれません。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m