シバターの件でRIZIN榊原信行が公式見解を発表する

「シバター vs 久保優太」の件に関して
(出典:RIZIN)

こんにちは、山田です。

シバター vs. 久保優太(2021/12/31 RIZIN.33)

RIZINは拡がりくる火の手を打ち消せるか?

渦中の榊原 信行(敬称略)が、3時間前ほどでしょうか(2022/1/11, 13:30頃 )・・・

公式見解を発表しました。

29:42と長い動画でしたが、全部みました。

まとめてみたいとおもいます。


1.八百長はない


絶対コメント欄に、
こういうまとめをする者がいるんだが、
こういう流れじゃなかった。
ちなみにRIZINは、
アンチコメントはブロックしていた模様。

まず、榊原氏が言っていたのは、八百長はない、ということでした。

あえて八百長、という言葉を使っていました。

榊原 信行「RIZINのリングで起こることは、100%のリアルファイトです!(※)」

これが、まず言いたかったことだ、というのは、よくわかりました。

※注:榊原 信行の発言は、すべて意訳しています。文字起こしではありません。


2.  コレコレ、ミーハーさら兄にはムカついている


もちろん、名指しはしませんでしが・・・

ミーハーさら兄(Twitterで今回の問題の原因をつくった)・・・

コレコレ(YouTuberで今回の問題の原因をつくった)・・・

ここら辺の人間には、ムカついていることを訴えていました。

榊原 信行「YouTuberのなんとか(コレコレのこと)ってのが・・・」

榊原 信行「本人(久保優太)に確認しないで音声上げるのは、法律上問題があるのではないか」

・・・といったことを言っていました。

だれでも評論家面するのは、悪いことだ、とも言っていました。

あと本件に便乗して発言している元格闘家にもいい気分がしない、といったことを言っていました。


3. シバターは許さんが許す


今回の問題は、シバターにはめられたものだ、と言っていました。

他方・・・

榊原 信行「彼(シバター)は、炎上系YouTuberとし本分を果しているので、仕方がない。」

榊原 信行「彼(シバター)に処罰なり、出禁を科すつもりはない。」

・・・と言っていました。


4.  久保優太がかわいい


榊原氏の話し方をみていると、シバターにマイナス、久保優太にプラスの感情を抱いているようでした。

榊原 信行「久保優太が負けて悔しかったのはわかる。」

榊原 信行「久保優太が、アスペルガー症候群、つまりウソが見抜けないピュアな性格になってしまっているので、シバターの謀略にはまってしまったのだ。これが本件の原因だ。」

榊原 信行「彼(久保優太)は格闘技をつづけるかどうか悩んでいる。そっとしておいてほしい。」

・・・そう言ってました。

もちろん、久保優太にも処罰はなし、だそうです。


5.  契約条項を増やす


選手間でのコンタクトを禁止する条項を契約書に盛り込む、と宣言していました。

ただその一方で、SNS上での公開ののしり合いは”煽り”として不可欠なので認める、と言っていました。

うわ~ザル条項になりそう・・・とおもいました。

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)なんて、やったことは誰が、どうやって見抜くんですかね。


6. UFCやBellatorとは違う


あらためて、RIZINの競技化はない、と明言していました(この記事)。

榊原 信行「UFCやBellatorに追いつけるわけないでしょ!」

・・・と結構、ヘナヘナ発言もしていました。


7. 広報の笹原氏の件は把握している


シバターと久保優太の音声会話ででてきた、広報・笹原氏のコミットは把握しているようでした。


・本記事執筆者の感想


以上の話を聞いて、私(山田)がおもったのは↓以下のことでした。

① 榊原氏のSNS批判とは裏腹に、ネットで出回っている情報で、事実関係はほとんど網羅されていた。

② 今回の榊原氏の声明で新たに分かったのは、八百長をしているつもりはない、でも、UFCやBellatorとは違う、という傍から見ると少し相反しているRIZINの説明。

③ 本動画でわかったのは、RIZINサイドの対応。処罰はない。民事訴訟みたいのも、ない。契約条項を追加する、といったことだった。


・八百長とは選手陣営同士で生まれるものなのか?


動画を見ている間、榊原氏が、なんだか、あんまり教室の問題(イジメとか)を知らない先生のようにみえたのも確かでした。

つまり、いくら榊原氏とRIZINが、運営側として八百長を契約上にしろ、なんにしろ、禁止したとしても・・・

選手陣営同士、たとえばジム同士が、裏で口合わせをする・・・という事態は免れないとおもいました。

その一方で、私たちは、運営主導で行われた八百長もあったし、つぶさにみると、そういった試合は格闘技の世界で少なからず散見される、という事実を、見逃してはなりません。

参考:PRIDEが八百長だったころ①:TheOutsiderをみて

参考:PRIDEが八百長だったころ②:コールマンの証言

参考:那須川天心 vs ロッタンジットムアンノン(2018/6/17 RISE 125)


・記者会見を開かなかったことについて


また、YouTubeの動画(広告付き)として回答することで、その場での批判を巧みに避けていることにも、問題があることは否めません。

① 動画再生で利益が上げられる。

② 記者からの鋭い批判をかわさなくてよい。

この一挙両得が、今回の榊原 信行の動画アップ、という手法にはあることに注意しましょう。

いずれにせよ、これでピュアなRIZINファンは納得するでしょうが、大人はどう反応するか・・・

ひきつづき見てゆきたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m