佐藤天 vs. グンナーネルソン(UFC Fight Night 204)

佐藤天(Takashi Sato)
日本東京出身, 台湾人とのハーフ.
柔道・パンクラス出身, 31歳.
身長185cm, 体重77kg,
ウェルター級圏外.
vs.
グンナーネルソン(Gunnar Nelson)
アイスランド出身, ブラジリアン柔術, 33歳.
身長180cm, 体重77kg,
ウェルター級.

こんにちは、山田です。

UFC FightNight204のつづきです。

この前契約した平良達郎を含め現在4人の日本人がUFCにいます。

そのうち最も巨人の佐藤天(さとう たかし)が、試合をしました。

相手は、みるからに強そうなグンナーネルソン。

マクレガーのトレーニングパートナーもしたひとです↓

参考: Gunnar is a teammate of UFC fighter and former Featherweight and Lightweight champion Conor McGregor, and is a member of Mjölnir gym in Iceland, and SBG Ireland.(Wikipedia英語)

ふたりとも直近4試合で負け越していて・・・

あれですねリリースの恐怖を抱えての、進退をかけた戦いになりました。

(以下、画像出典はUFCです。)


・3R 判定負け


グンナーはマクレガースタイル。
解説者は空手スタイルといってたけれども、
マクレガー特有の背筋をのばし
相手の手を取るような間合いになる。

堀口恭司の構え(伝統空手)とは違う。
わざとサウスポーvs.オーソドックスみたいに
対角線ではなく
直線状になるのがすきみたい。

2人とも両利き。

試合結果は大差(30–26, 30–26, 30–26)で佐藤天が判定負けました。

解説:各ラウンド10ポイントで、この場合3Rだから、30が満点。各ジャッジとも、平均10-8で、グンナーに軍配を上げていた。

参考:【UFC】記録ずくめのメインで大差勝利のホロウェイ「人は脳を一つしか持っていないんだ、セーブしないと」50-43, 50-43, 50-42

この判定は、しようがないかな↓

1Rは、後半グンナーの柔術アリ地獄にはまる。

2Rも、グンナーの柔術アリ地獄に、佐藤天なすすべなし。

3Rも、グンナーの柔術アリ地獄。いわゆるBackControlTime(背後から抱きつくような感じでグラウンドを支配する)で、佐藤天を圧倒する。

もちろんUFCなんかで戦っているので、佐藤天は強いのですし、RIZINみたいなドタバタ活劇しないので、私は、この選手、好きです(ホモとかではなく)。

ただ、なにがしたいのか、わかりませんでした。

もう判定で劣勢なのはみえみえだったので、負けてもいいから一発狙いにゆくとか、そういった思い切りさがない・・・という印象を受けました。

これ、ダナホワイトが一番嫌がるんですよね。

なので、もしかしたら、これで佐藤天はリリースされるかもしれません。

全5試合して、2勝3敗です。

今回は、試合の位置づけも本戦で、最後から4番目、という放送枠的にも”与えられた”ところで、この地味試合は・・・まずかったとおもう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。