ノーウェイホセ(2021/7/17 Slammiversary)

こんなに太ってたっけ?
・・・・・
いや、たしかに、
WWEの頃から
こんな体形でした。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

いろいろサプライズあったスラミバーサリーですが・・・

マイナーなところで、ノーウェイホセ(No Way Jose)の登場を記事化したいとおもいます。

(以下、画像出典はImpactWrestlingです。)


・リングネームは No Way


隣にいるのは、
フィリピン人レスラー
Fallah Bahh(ファラバーでいいの?)

ノーウェイホセは、フィリピン人タッグチーム、ファラバーとTJPで、TJP(TJパーキンス)が怪我で欠場したため(アングルでしょう)・・・

・・・その代役として登場しました。

ノーウェイホセは、時期的には、ルセフとおなじときに、WWEからリリースされています(他サイトこの記事)。

あのカラフルなパレード連れてくるひとですね。

・・・こんなに太ってたっけ(トップ画像)。


・GoodBrothers が勝った


Magic Killer !!
ひょこっと出ている手は、
ノーウェイホセのです。

試合自体は、4WAYタッグマッチでした↓

ライノ&ジョードーリング(ここで戴冠)

vs.

グッドブラザーズ(カールアンダーソン&ルークギャローズ)

vs.

ノーウェイホセ&ファラバー

vs.

リッチスワン&マッドマンフルトン

4WAYっていっても、ふたりずつしかリング上で戦えない、という変な試合形式です。

10分くらいの短い試合だったんですが(スラミバーサリー自体は3時間くらいある)・・・

最後は、グッドブラザーズが、MagicKiller→フォールでライノを下し、タッグ王者に返り咲きました(上掲画像)。

・・・これも新日本プロレスやAEWとの協業につながっているんでしょうかね・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m