遺恨試合(2021/8/22 TakeOver36)

ダコタカイ髪型変えました。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

TakeOver36つづきです。

アングルとしては、よくできていたダコタカイとラケルゴンザレスの遺恨試合です。

ダコタカイ「いつもいつも、オマエ(ラケルゴンザレス)の背後で、影に隠れて、どんな気持ちでいたと思っているんだ!」

・・・みたいな煽り動画が差し挟まれ、ここまでよかったです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・試合もよかったです


ラケルゴンザレスのフィニッシャーは、
ワンアームパワーボムから、
紆余曲折経て、
チンゴナボム(Chingona Bomb)
に落ち着いたみたい。

メディアでは、ラケルゴンザレスの圧勝だった、みたいに論じられてますけど・・・

・・・いや、ダコタカイも頑張りましたね。

最近、RAWのダークマッチでテストされているみたいですが・・・

ダコタカイは、これで昇格なのかな?

ただ、WrestlingObserverは、そのダークマッチ酷評してましたね。

MAIN EVENTブランドで、ダコタカイのロースターダークマッチが行われたのだけれども、観客は関心を持っていなかったようだ。相手のアリヤーとともに、申し訳程度の歓声があったのみだった。

the crowd couldn’t have looked less interested. There was a polite ripple of applause of Aliyah and a quiet cheer somewhere in the back for Kai.

でもまあ、ベッキーリンチがブレイクしたのも、昇格後だったから・・・(SurvivorSeriesのRAW=この記事

ダコタカイもワンチャンあるとおもうんですよね。


・ラケルゴンザレスが勝った


コーナーポストからの
チンゴナボム!!

試合は、顔面ウォッシュ系の攻撃主体のダコタカイに対し・・・

とにかくラケルゴンザレスは持ち上げては投げる・・・のパワーハウス系・・・

それやりすぎてラケルゴンザレスは上腕筋痛めてました。

試合は五分五分でしたね。

ただ、ダコタカイのウリは、あんまり見せつけられないまま・・・

最後”絶対王者”のラケルゴンザレスが勝利しました。

チンゴナボム(ワンアームパワーボム)→フォール。

いい試合でしたよ。

会場はダコタカイ支持でしたね。

ダコタカイ=ヒール、ラケルゴンザレス=ベビーだったんですが・・・。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m