トリプルHが引退する。

2021/6/8旧NXTに出ていた
トリプルH
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

トリプルHが引退を発表しました。

参考:Triple H ‘back’ in WWE executive role, has to step back a little bit while recovering

参考:WWE’s Triple H announces in-ring retirement, talks near-death experience

参考:Triple H tells Stephen A. about a serious health scare & his future in the WWE | Stephen A.’s World(ESPN動画)

心臓になにかしらの疾患があり、手術したのかわかりませんが、入院していたのでした。

ここら辺↑はWWEがひた隠しにしていたので、明確なところはわかりません。

2021年9月のことでした。

当時トリプルHは、51歳。

レスラーとしては、まだスポット参戦は余裕の年齢です。

丁度、NXT2.oへのブランドチェンジも相まって・・・

・・・WWEforSaleの不穏なうわさが広まったのも、この頃です。


・記事の内容


どんな話か上掲記事にそってみていきましょう。

トリプルH「プロレスは、もう無理だ。引退、ということだ。私の身体のなかには、AED(心臓の鼓動を制御する機械)が入っている。とてもプロレスの強打を、生放送することなんてできない。

As far as in-ring, I’m done. I would never wrestle again. I have a defibrillator in my chest so it probably wouldn’t be a good idea to get zapped on live TV」

トリプルHによれば、去年(2021年)9月、ウイルス性肺炎にかかり、それは急激に悪化したそうである。妻のステファニーマクマホンによれば、彼は吐血し、病院の緊急病棟に担ぎ込まれた。

Levesque said his problems started when he had viral pneumonia and inflamed lungs and that it got increasingly worse when he was recovering at home.

He said that his wife, Stephanie McMahon, saw he was coughing up blood and was told by medical personnel shortly thereafter to head to the emergency room as soon as possible.

もう内臓の呼吸系か循環系が”イカれている”状態のようです。

それで、今後のWWEとのかかわりについて↓次のように話しています。

トリプルH「私は、プロレスに対する情熱を失ってなんかいない。アクセルは踏み続ける(not off the gas)。ただ、ちょっとだけ裏方に回るだけだ。」

My foot’s not off the gas. I suppose in some manner I’ve got to step back a little bit.

トリプルH「いずにせよ、WWEのオフィスには戻っているよ。仕事もしている。NILのような若手育成に傾注している。」

But right now, I’m back. I’m at the office. I am fully focused on recruiting and development of our talent in the future.」

・・・ということで、スタッフのなかにいることは、いるみたいです。

ただね~・・・トリプルHにひと言いえるとすれば、筋トレしすぎなんですよ。

筋トレって、あれ、いま流行ってるけど、カラダに悪いよ。

ぜったい高血圧になるし、自然に逆らった加重のかけかたしているんで・・・

どっかでガタどころか、爆発するとおもう。

筋トレマニアのかたは、くれぐれも注意しましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m