ゲージ vs. オリベイラ(2022/5/7 UFC 274)

チャールズオリベイラ(Charles Oliveira)
UFC黄金のライト級王者.
ブラジル出身, ブラジリアン柔術, 32歳.
身長178cm, 体重71kg(今回オーバー).
vs.
ジャスティンゲージ(Justin Gaethje)
ライト級1位.
アメリカ出身, レスリング, 33歳.
身長180cm, 体重70kg.

こんにちは、山田です。

UFC黄金のライト級。

ポリエの心を折ったオリベイラに↓新たなアメリカの刺客↓ゲージが立ち向かいます。

参考:オリベイラ vs. ポリエ(UFC 269)

参考:Gaethje vs. Chandler (UFC 268)

なんかもう、見なくてもゲージをみんな応援する声が聞こえて来そうです。

実際、そうでした。

(以下、画像出典はUFCです。)


・オリベイラが調整失敗


”世紀の一戦ふたたび(ポリエは期待されていた)”といったムードをブチ壊したのは・・・

チャンピオン・オリベイラでした。

計量パスせず。

参考:UFC 274 weigh-in results: Charles Oliveira misses weight, will vacate lightweight title

結果、オリベイラは王座を剥奪(はくだつ)され・・・

ゲージ(ゲイジー)のみが王座取得権をもつ・・・負けたら空位、という状況になりました。


・でもオリベイラが勝った


アゴを打ち抜く右ストレート!
これで全部ひっくり返った。
→グラウンドに移行し、
最後はリアネイキッドチョークで、
オリベイラの勝ち。

会場はアリゾナ州フェニックス市のFootprint Center(キャパ17,000人)。

入りは17,232人で超満員でした。

すんばらしい試合でした。

1R 3:22(経過)での決着だったんですが、決してゲージが弱かった、というわけではなかったですね。

むしろ押していたのはゲージ(ゲイジー)でした。

1R開始後、ゲージがパンチでオリベイラを押します。

離れ際のフック(右も左も、という印象)がよかったですね。

それも織り交ぜ、オリベイラから2度のダウンを取ったとおもいます(MMAではダウンは直接勝敗に関係なし)。

ただ、ダウンしてからはオリベイラは寝技地獄への移行があるので・・・

そこでゲージ(ゲイジー)が詰めることができなかった。

逆に、それが災いします。

立場が逆転して、1R後半、オリベイラがゲージに右のストレート(上掲画像)。

これでゲージがダウン。

オリベイラは、ここが寝技のチャンスになります。

そのまま、本人待望の寝技地獄にもっていって、三角締めやら腕ひしぎやら・・・

いろいろ移行したあと、最後はリアネイキッドチョーク(裸締め)。

短い時間でしたが、UFCの魅力が凝縮した、素晴らしい試合でした。

オリベイラのベストバウトじゃないの?

ストーリーもあり、非常に面白い試合でした。

さて、空位になったライト級。

どういうカードでチャンピオン決めるのでしょうか。

ダスティンポリエが喉から手が出る・・・という感じでしょうね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m