アレクサンダーヴォルコフ vs. シリルガン(2021/6/26 UFC ON ESPN+)

”UFCのセームシュルト”
と誉れ高い
ヴォルコフだったが・・・。
(出典:UFC)

こんにちは、ヤマガタです。

UFCのヘビー級戦は、2試合だけ記事にしたことがあります。

他サイトですが・・・

アレクサンダー・ヴォルコフ(UFC Fight Night: Overeem vs. Volkov )

ミオシッチ vs. ガヌー(UFC260)

そのひとつで取りあげたヴォルコフ(Alexander Volkov)が試合したので、みてみました。

対戦相手は、フランスの新鋭、シリルガン(Ciryl Gane)です。


・どんな試合だった?


これ結構、貴重な映像。
先の先を読むような攻防になって、
お互い技が繰り出せず、
苦笑し合っているところ。

スタンディングの試合でした。

ヴォルコフは、前と同じセームシュルトみたいな感じ。

シリルガンが、サウスポーなんですけど、伝統空手っぽい半身。でも、ときに右利きの構えになったりします。

グラウンドを仕掛けるとしたら、シリルガン。

ず~っと、こんな感じで、緊張感ある攻防が続いていました。


・ヴォルコフに疲れが出る


シリルガンのストレートが、
目つきみたいに
なってしまう。

途中、シリルガンの厳重注意の動きもあったのですが(上掲画像)・・・

総じて、押しているのはシリルガンで(相手がセームシュルトみたいなヴォルコフのことかんがえると、これはかなり意外)・・・

終盤は明らかにヴォルコフが弱っているのがわかりました。

判定は、そのままシリルガンにあがり、彼の判定勝ち。

地味でしたが、つまらない試合ではなかったです。

これで、ヘビー級王者ガヌーと、ガンがやるのかな?

ちなみに、ガンは、これで9戦9勝です。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m