パットマカフィがプロレスできすぎて笑う(2022/4/3 WrestleMania 38)

ハリケーンラナ!!
by パットマッカフィ
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

パットマカフィ(Pat McAfee)、いままでパットマッカ―フィーって伸ばしてましたが、幅とるので、マカフィにしますね。

なんかアメフトのセレブリティみたいです。

アメリカでは相当な人気者・・・まあ(ズレありますが)野球の新庄みたいなもんでしょう。

そのパットマカフィが、レッスルマニアで、初めてプロレスしました。

イロモノなので、ストーリーラインから全部無視してたんですけど・・・

面白かったですね。

これが2日目一番盛り上がったかもしれない。

ビンスマクマホンも絡んでいたので。

(以下、画像出典はWWEです。)


・プロレスできすぎ


コーナーポストからの
雪崩式ブレーンバスター!!
by パットマカフィ

オースティンセオリーは、なんかビンスマクマホンの”秘蔵っ子”というストーリーラインがあるみたいです。

その”ビンスの子”オースティンセオリーと、パットマカフィは対戦しました。

このオースティンセオリーの出世っぷりは・・・TheWayの同僚ジョニーガルガノをしてイジケさせるには十分でしょう(育児休暇の名目の元、WWEを離れた。たぶんAEWに行く)。

そんな前後関係で、なんか因縁をつけられ、パットマカフィは、秘蔵っ子オースティンセオリーと対戦したんですが・・・

きちんとプロレスの試合になってましたね。

WWEって結構、アメフトからリクルートしているんですよね。ロマンレインズも、そうじゃなかったっけ。

なので、おなじアメフト出身のパットマカフィは、非常にうまくプロレスをこなしていました(上掲2画像参照)。

最後は、オースティンセオリーがATLを仕掛けたところを・・・

パットマカフィが丸め込んで勝利をおさめました。

パットマカフィの動きがよくて笑っちゃう試合でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m