AJスタイルズ vs. エッジ(2022/4/3 WrestleMania 38)

パイロン(花火でドドドドドドドドドってやつ)
で怪我したんだって(本人右ほお)。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WrestleMania 38 第 2 日目つづきです。

”二日目の良心”ともいえる、AJスタイルズ vs. エッジの試合をみてみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・いい試合だった(←そればっかじゃん)


最後、ヌッ!
ダミアンプリーストが出てきて、
それに気を取られたAJスタイルズが、
フィニッシャーのフェノメナルフォアアーム
への移行が遅れ、
結果、
エッジのスピアの餌食になった。

いい試合でしたね。

やっぱりAJスタイルズは素晴らしい選手ですね。

動きのセンスがズバ抜けてます。武藤敬司的なセンスです(種類違いますけど)。

ケニーオメガとかいたら、どこまで(このAJの立ち振る舞いに)絡んでたのかな~と残念でしようがありません。このレッスルマニアみると、やっぱりケニーオメガは、二流のインディーレスラーで終りそうですね。華々しさが違い過ぎます。

オカダカズチカあたり、ワンチャンで挑戦してもらいたいです。新日本プロレス崩壊するとおもいますが。

で、試合ですが、唯一、身長差(AJスタイルズは小さい。たぶん実際は180cmくらい。エッジは190cm以上ある)が気になったのですが・・・

AJスタイルズが、それを気にさせない距離の取り方とか、近づいたときはなるべくローリングで逃げるとか、そういった機敏な動きをしていたので、気になりませんでした。

AJスタイルズがスプリングボードでボッチ(技失敗)したのみたことないですよね。

そんな達人のAJと、やっぱり機敏なエッジの試合で、みていて面白かったです。

エッジは、湯飲みソング(YouThinkYouKnowMe?で始まる入場曲)ではなく・・・

このときにしたヒールターンのまま、新入場曲で入ってきました。

完全なヒールターンです。

その延長で、新ユニットお披露目、ということで、一人目のメンバー、ダミアンプリーストが登場して、試合は終わりました(上掲画像)。

ダミアンプリーストって、いなければならないタイプのバイプレーヤー(脇役)ですよね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m