コーディ vs. セスロリンズ(WrestleMania 38)

AmericanNightmareギミック
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

WrestleMania38のつづきです。

コーディ(ローデス)が登場しました。

(以下、画像出典はWWEです。)

ちなみに、コーディがいかに揉めたか、という問題初見のひとは・・・

この記事↓から読み返してみてください。

参考:最後までコーディのコの字も出ず(2022/3/28 RAW)

私は今年のレッスルマニア最大の事件だとおもってます。

業界の地殻変動的なものですね。


・かなり削ぎ落していた


そのまんま出てきた。

WrestleManiaの演出って、盛って、盛って・・・じゃないですか。

それに対し、今回のコーディの登場は、最大のサプライズだったにもかかわらず・・・

一切演出を盛り込まない、削ぎ落したものとなっていました。

ビンスマクマホンによる招待もありませんでした。

セスロリンズが”盛って盛って(そんなでもなかったが)”の演出で登場した後・・・

画面が暗くなり・・・

ビンスマクマホンが登場してマイクすることもなく・・・

ただコーディのアメリカンナイトメアの音楽が鳴って、スタスタとリングに歩いてきた(コーディ)、というものでした。

恐らく、本人が望んだのでしょう。


・いい試合だった!


CrossRhodes(クロスロード)
×3!

いい試合でしたね。

ひじょーにオーソドックスな、場外戦も切り詰めた、あくまでレスリングでみせる試合でした。

ストロングスタイルとはいいませんが、そっちのほうに向かった試合。

ボッチ(技失敗)は1回、場外でのセスロリンズへのヘッドシザース系の動きでみられましたが(その後のバックルボムへのムーブが不自然だった)・・・

のこりは概ね、完璧でした。

うわ~・・・ヒビ入ってそう・・・みたいな無茶な動きもありました。両者ともに。

コーディへの声援は、中の上くらいありました。

最後の5分かな・・・

両者フィニッシャーの応酬から・・・

最後、コーディが狂ったようにクロスロード2発→グ~パンチ連打→クロスロード(上掲画像)→スリーカウント!

・・・のところが新しく、素晴らしかったです。

泣く(グッとくる)ほど、すんごい試合ではなかったですが・・・

コーディの復帰戦としては100点でしょう。

本試合の意義も含め、レスリングオブザーバーの評価は、★4.5じゃないかな。

これ★3台だったら、デイブメルツァーはもう邪魔だから引退した方がいいよ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m