ロックって本当に大統領なりそうだよな(Young Rock)

ドラマの冒頭で
大統領選の演説にまわっているロック
(出典:YoungRock)

こんにちは、ヤマガタです。

ヤングロック(Young Rock)というプロレスラーTheRockをフィーチャーした番組が・・・

アメリカ三大放送のひとつ、NBCで放送されています。

参考:WWEネットワークがPeacockになる

WWEネットワークの内輪番組ではない、というのがポイントなんですが↑この記事でも触れたPeacockってのが、NBCのケーブルネットワークなので、そのつながりで”ロック貸してくれ”みたいになったみたいですね。

ちなみにPeacockへの移籍(WWENetwork)はビジネス的に成功しているみたいです。WIN-WINってやつですね。

さて、NBCいわゆる地上波放送、ということもあり、YoungRockの視聴者数はSmackDownとおなじくらいです。直近で、2,138,000人だったもよう。

参考:Daily Update: AJPW Champion Carnival, Bron Breakker, Tony Khan

(以下、画像出典はYoungRockです。)


・どんな話なの?


手前にいるのが
YoungRock(青少年期のロック)。
「プロレスって要するにフェイクなんだよねん・・・」
と言って、
後ろにいる大人たち(アノアイファミリー)を怒らせる。

肝心のストーリーですが、ロックが2032年の大統領選挙に出馬する、という話です。

参考:Young Rock(Wikipedia英語)

んまあ~・・・放送時間も30分と、おつまみ代わりに見るにはちょうどいいんだわ。

ロックが、その2032年の大統領選で、インタビューを受けながら昔を解雇する・・・という形式をとっていて(私は”狂言回し”だとおもったんですが、こういうの”Frame story=入れ子式物語”っていうみたい)・・・

ようするにロックはナレーターとして、俯瞰的に、ドラマの各場面を説明してゆきます。なので、ほぼ毎回、音声のかたちでは登場しますね。

あとは推して知るべし、みたいな懐古的スポコンものです。

視聴者数(ShowBuzzDailyに出るようなもの)には、18~49歳以上の老人枠、ってのがあるんですが・・・

WWEもその老人枠の視聴者数を得られる、ということで、YoungRockさまさまみたいですね。


・本当にロックは大統領になるか


で、いまのご時勢で連想されるのは、やはりドラマから本当に大統領になったゼレンスキーですよね。

まあ、トランプが大統領になっちゃうアメリカだから・・・

人種的にもエアポケットみたいなところにいるザ・ロックが大統領になっても、もはや驚かないですね・・・

ロック出馬の話は実際の大統領選でも↓話に出ています。

参考:Dwayne Johnson Shares ‘Honest Feelings’ on Running for President

本人も↑興味があるみたい。

政治的には↓民主党支持みたいですね。

参考:Dwayne Johnson(Wikipedia英語)

まあ、そこはヨシとしたい・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m