ドリューマッキンタイア vs. ボビーラシュリー(2021/6/20 Hell In A Cell)

期待してみたのだが・・・。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

(現地時間)2021年6月20日、サンダードームで、Hell In A Cellが開催されました。

何度目正直か・・・でメインイベントの、ドリューマッキンタイア(Drew McIntyre)vs. ボビーラシュリー(Bobby Lashley)をみました。

ふたりが、いろいろやっているのは知っていたんですが・・・

どうしても試合をみるとなると、踏ん切りがつかなかった、というのが今までの印象で・・・

今回、なにか新しいことをやってくれているかな、と期待していたのですが・・・


・つまらなかった


Hell In A Cell マッチって、
止めた方がいいよ。
こんな狭い隙間みたいな場外で、
ずっとゴキブリみたいに
うじゃうじゃ動いているだけなんだから・・・。

WWEの内藤哲也(コロナ禍実力を発揮できなかった王者)と誉れ高いドリューマッキンタイアと・・・

ブロックレスナーの後継者と謳われる(たぶん)ボビーラシュリー・・・

期待してみたんですけど、クソつまらなかったですね。

痛いというのは伝わった。

ただ、こういった身体能力必要としない試合は、ジェリコとか、あそこら辺にやらせときゃいい・・・って感じです。

私は新日本来てたときから、ジェリコの試合はクソつまらないとおもってました(他サイトこの記事)。


・ちゃんと試合やれ


丸め込みで
ボビーラシュリーの勝ち。

試合の結末は以下のとおりでした↓

① 試合途中で、レフェリーがノックアウトされ、新しいレフェリーがケージのカギをあけて入る。

② そのときボビーラシュリーのマネージャーMVPも入って来て、マッキンタイアのジャマをするようになる。

③ 最後ドリューマッキンタイアがクレイモアキック!

④ でもやっぱりMVPに邪魔される。

⑤ スキをみてボビーラシュリーが丸め込み(上掲画像)。

・・・というWWEの制作部の自己満足みたいな試合でした。

ボビーラシュリーのなにがスゴイのかもわかりませんでした。

もう、このふたりはいいや。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m