CMパンク vs. ダービーアレン(2021/9/5 All Out)

開始前から
観客総立ち。
(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

AllOutつづきです。

とりあえずCMパンク系の話の頂点であるデビュー戦です。

私はどうしてもUFCで弱さ爆発させたパンクがあるので・・・

なにやっても説得力無かったですね。

ただ、ここはシカゴ。

「シカゴ補正」がかかって、一挙手一投足に歓声があがります(トップ画像)。


・CMパンクが勝った


最後、ダービーアレンが、
ハリケーンラナみたいなこと、
CMパンクの肩に飛び乗って
やろうとしたところを、
強引に捕まえ、
GoToSleep !!!!

試合は、「シカゴ補正」としか言いようがない内容でした。

ちっこいダービーアレン(173cm, 77kg)相手だったので・・・

CMパンクが面白いように技を決めます。

CMパンクの身長は、188cmです。

おもったよりデカいんですね・・・いや、183cmくらいだろ~・・・

で、その”パワー”をみせつけたCMパンクが最後、GoToSleepでダービーアレンを仕留めました(上掲画像)。

実質的に、これが今回のAllOutメインでしたね。

もうオメガとかは、むしろアウェイってくらい反応ないようにみえました。


・ルビーライオット


ジョーカーで登場。
カジノバトルロイヤルって、
なんかトランプに見立てて登場するんですよ・・・。

あと、女子バトルロイヤルで、WWEを解雇されたルビーライオットが・・・

ルビーソーホー(Ruby Soho)として登場しました。

んで、そのまま優勝しました。

AEWとしては、初の本格的女子参戦じゃないのかな・・・?

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m