Darren Till vs. Derek Brunson(2021/9/4 UFC on ESPN+ 49 )

金的カップの位置を
調節するティル。
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

(現地時間2021年)9月4日、いつものUFC APEX(=無観客)で、UFCの下位放送、ESPN+ 49が放送されました。

メインは、ミドル級のダレンティル(Darren Till)vs. デレクブランソン(Derek Brunson)でした。

ティルがミドル級7位。ブランソンが5位。

注目されていたのは、ダレンティルで、このひと、2019年にウェルター級からミドル級にウェイトアップしています。

身長183cmなので、特別に、その必要があるともおもえないのですが・・・

参考:Michael Bisping suggests Darren Till move back down to welterweight after Derek Brunson loss

結果書いてあるがな↑


・軽い


Wikipediaには
RearNakedChoke
(背後からの首絞め)
って書いてあったけど、
FrontNakedChoke
(正面からの首絞め)
だわな。

ダレンティルの相手は、故ケビンランデルマン(Kevin Randleman)みたいな風貌した、デレクブランソンでした。

試合はね~・・・技術的には互角。

でもパワーで、デレクブランソン。

デレクブランソンが、185cm84kgで・・・

ダレンティルが、183cm84kgです。

理論的には両者に差はないんだけど、圧倒的な筋力の機能差としかいいようがない感じで・・・

詰めで、ブランソンが、ティルをひっくり返します。

ちょうど、ケビンランデルマンがやっていたのとおなじ。

そういうわけで、強引なテイクダウンで、ティルが”寄り切り”のような感じで負けました(上掲画像)。

そんなこんなで、ティル、ウェルター級に戻った方がいいんじゃないの?というメディア記事が出るようになっているワケです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m