【アンチ歓喜?】コーディがAEWと契約していない

マラカイブラック(元アリスターブラック)に
踏まれるコーディローデス。
(出典:AEW, この記事

こんにちは、ヤマガタです。

日本で5本の指に入るAEW嫌いのヤマガタです。

けっこう、アンチ垂涎(すいぜん)のニュースが入ってきましたね。

出典:Cody Rhodes reportedly a free agent, working on new AEW deal

出典:Cody Rhodes is reportedly a free agent

出典:Cody Rhodes Is Reportedly A Free Agent

二番目のCagesideseatsの記事が一番、気合入っていたかなあ・・・


・コーディローデスがFreeAgent


事実関係から先に述べると、コーディローデスの契約は、2021年12月ですでに切れていたとのこと。

その後もAEWの放送に出ていたようですが、そしてTNTなんたらチャンピオンみたいですが・・・

みんな自由契約(Free Agent)選手として、いわばパートタイマーとして出ていたみたいです。


・コーディローデスがAEWに残留する理由


AEWの誕生の経緯をふり返れば、コーディローデスがAEWを離れるわけがない・・・

・・・そこが逆に、本ニュースを刺激的なものにしています。

その一方で、コーディローデスがAEWに残留する理由は数えればきりがありません。

① 奥さんのブランディローデスもAEW。ふたり揃って辞めるの?

② 辞めて、もっといい待遇の団体あるの?まあ、新日本プロレスは、あるだろうが、もうAEWより格下団体。

③ SportsIllustratedのニュース。

この③のSportsIllustratedのニュースが直近では残留の最大理由として引き合いに出されています↓

World Title Aside, Cody Rhodes Still Has Plenty to Accomplish in AEW

2021/12/1

コーディ「現時点で、ボクの未来はAEWなしにはかんがえられない。」

コーディ「プロレス界に革命を起こした設立メンバーがいなければ、AEWは、まったく変なものにみえてしまうだろう。」

コーディ「現在でも意見の交換はしているよ。」

コーディ「たがいにリスペクトもしている。」

コーディ「ボクが他団体にいるなんてことは想像できない。」

コーディ「自分の未来には、楽観的でいられるね。」

“As of now, my future is with AEW. AEW would be very strange without the core members of the revolution. We all still talk. We all have this admiration for each other. I can’t see myself anywhere else, and I’m very optimistic about what the future holds.”

精読すると・・・けっこう微妙な、含蓄あるインタビューですね・・・


・コーディローデスがAEWを去る理由


私含めアンチ垂涎(すいぜん)なのは、コーディローデスがAEWを去る理由ですね。

その一番が、EVP(Exectutive Vice President)=日本では副社長と訳されている、ケニーオメガ、ヤングバックス、コーディローデスのAEW設立メンバーと・・・

・・・トニーカーンとの確執です。

参考:AEWの最近(2021/9/29 Dynamite)

ひとことで言えば、AEWがトニーカーンのおもちゃになってきている、ということです。

これは一時期、各メディアで執拗に取り上げられていたことでした。


去る理由つづき:コーディは冷たい


CMパンクは、
ロッカールーム(選手控室)で、
ものすごくいいヤツらしい。

あと、コーディ自身に不穏な振舞いがあった、というのも以前メディア間で取りあげられたことでした。

参考:AEW stars dispute report about Cody Rhodes’ interaction with the locker room

Wade Kellerというプロレス専門のジャーナリストが、ポッドキャストで言ったことらしいんですが↓

CMパンクは、本当に、ロッカールームでは世話好きなんだ。「いつでもオマエのそばにいるぜ!」みたいな、ね。

その点が、コーディと違うんだよ。コーディは、いつも「ちょっと忙しいんで、いまムリ」というタイプなんだ。

[U]nlike Cody, Punk is interacting more with the wrestlers. I’ve heard of multiple occasions of wrestlers saying they’ve come up to Punk with a question and he’s been super receptive. Like, ‘I got all the time in the world for you type approach. Not ‘Oh, I’m busy with my own stuff…’

たったひとこと、Unlike Cody(コーディとは違うんだよなあ)だったんですけど、これが内部外部かかわらず論争を引き起こしました。

これを聞いたときの第一印象は、コーディはエグゼクティブ(上層部)だから、平(ひら)のレスラーなんか相手にしていないんだろう・・・という彼のパブリックイメージそのものですよね。

でも、現在のFA契約をみると・・・

もしかして、コーディはAEWそのものにフラストレーションを感じていて、まわりのレスラーに気がまわらなくなっていたのではないでしょうか。

いずれにせよ、ひっじょーに興味深い話題です。

ウワサによると、WWEが最近、禁断の扉を開く(他団体交流をすすめる)と言っていることから、そのなかにコーディが入っているんじゃないか・・・

・・・なんて無茶な話も出ています。

個人的には、これでコーディがAEW辞めたら、ファンになります。

生粋のアンチAEWなので・・・。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m