オースティンセオリー vs. フィンバラー(2022/1/17 RAW)

現在のビンスマクマホン。
76歳。
WWE for Sale
そして
トリプルHの失脚
と連動して、
ビンスの引退が、WWEのXデーとなる!
ちなみにバイデン大統領は、
79歳
・・・。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

RAWは相変わらず低視聴率にあえぎ、打つ手がないので、ビンスマクマホン登場です(上掲画像)。

その秘蔵っ子みたいな感じで、バックステージで絡んでいるのが、オースティンセオリーですね。

TheWayのわき役だったんですが、一気にスターダムに駆け上がりました。

ジョニーガルガノの心中を察するなら、オースティンセオリーに先を越された(というか、もう何人も”昇格組”を見送ってきただろう)・・・というのが・・・

結局、ジョニーガルガノがWWEを去る動機になっているんだとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・フィンバラーを餌食に


ATL !!
呼び動作は、
レスナーのF5,
シナのAAとおなじ。

オースティンセオリー・・・身長は185cmとメインをはるには微妙ですが・・・

24歳と非常に若い!

NXT2.oと連動して、いまWWEが一番注目している選手層にいます。

今回、そのオースティンセオリーが・・・

もう40歳になるフィンバラーに、ガチで勝ちました。

なんの仕掛けも無く、真正面から攻め勝ちました。

ATL→フォール。

ミッドカードで、10分もない試合でした。


・フィンバラーもリリースか?


ATL !!
上掲画像から、
このように膝に落す!
ちょっとGoToSleep入っているといえば、
いえなくもない。

私は結構、もうフィンバラーは、WWEでお払い箱になりつつあるとおもってます。

参考:フィンバラーが落ちぶれたというウワサ(2021/11/29 RAW)

個人的には、(フィンバラーは)もう自分からリリース要請して、新日本プロレスにもどるのがよいとおもってます。

きっと大歓迎されるだろうし、新日本プロレス側でも、好待遇で迎えてくれるでしょう(外人枠を、もうすこししっかりしたものにしたい)。

ロマンレインズの踏み台にされたのが、WWEでの最後の大仕事じゃないかな。

あれでデーモンキングが敗れた(それまで1敗もしていなかったし、そういうギミックだった)。

これでフィンバラーのWWEも終った・・・という印象を、あのとき私はもちました。

みなさんはどうでしょうか?

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m