ウォルターのNXTデビュー戦(2022/1/18 NXT 2.o)

ちがう!
おれはギュンターだ!
(出典:WWE)

こんばんは、ウォルター(WALTER)といえば、イリヤドラゴノフと歴史に残る名勝負をしたことで、WWEで決定的な成果をあげたNXT UKのチャンピオンです。

参考:イリヤドラゴノフ vs. ウォルター(2021/8/22 TakeOver 36)

これは↑ほんとうにすごい勝負でした。

そのウォルター・・・WWEの全日本プロレスともいわれる(←いわれてないよ)ウォルターが・・・

満を持してNXTに登場です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ギュンター(Gunther)


最初は
ウォルター
出てきた。

メインイベントで、ウォルターは、DiamondMineのロデリックストロングと対戦しました。

この試合での注目は、試合後ウォルターが、改名をじぶんから宣言したこと。

ギュンター(Gunther)・・・とドイツ語読みで言うみたいです(ウォルターはドイツ語圏のオーストリア出身)。

WrestlingObserverによると、ナチスのコマンダーだった、ギュンター・スターク(Günther Stark)にちなんでいるんじゃないか、って言われています。

参考:WALTER changes name to Gunther on WWE NXT

ウムラウト ü ないですけどね。


・いい試合だった


パワーボムっていうか、
なんか手ぬぐい(タオルではない)を、
ビタ~ン!!
とマットに叩きつけるようにする。
相手も相当高度な受け身要求される。

試合は、ひさびさにNXTがトリプルHっぽい匂いにもどったな・・・という感じのものでした。

会場ウケもよかったですね。

ただ、ウォルター(ギュンター)が、ブロンブレイカーと抗争する、ってのもあんまり想像できない。

もしかしたら、NXTには短い期間しかいないで、すぐにメインロースターになるんじゃないか・・・

・・・そんな風におもっています。

クラシックな選手なので、AJスタイルズとつるんでもいいし、ナカムラシンスケとつるんでもいいし・・・

用途は多様でしょう。

いっそのことナカムラシンスケとつるんで、大東亜共栄圏ユニットとか叫んで国際的なバッシングを受けてほしいです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m