ポールヘイマンとブロックレスナー(2022/2/21 RAW)

目をつぶって聞くと、
ブロックレスナーが話しているのか、
ポールヘイマンが話しているのか、
わからなくなります。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

EliminationChamberでブロックレスナーが再戴冠しました(WWE王者)。

これでWrestleManiaで、ロマンレインズ  vs. ブロックレスナーの王者対戦が実現します。

ところで、ブロックレスナーとポールヘイマン(RoyalRumbleでロマンレインズに寝返った)の関係ってどうなったの?

そこらへんのアングルが今回(2022/2/21)RAWで掘り下げられました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・表立って舌戦


みんな大好きポールヘイマン。

今回のRAWで初めて・・・でしょうね・・・ポールヘイマンとブロックレスナーの対立が明示されました。

最初、ブロックレスナーが出てきて声援を浴びます(スープレックスシティ!)・・・・

もうブロックレスナーがベビーで、ロマンレインズがヒール・・・といった感じです。

そこにポールヘイマンが出て来ます(上掲画像)。

ポールヘイマン「・・・やあやあ、みなさん。」

ポールヘイマン「My Name is Paul Heyman!」

観客「ぶ~ぶ~!!」

ブロックレスナー「なにしにきたんだゲス野郎。」

ブロックレスナー「おまえは金曜日(SmackDown)だろうが!」

ブロックレスナー「あのチンケなTribalChief(ロマンレインズ)のところ行けよ!」

ポールヘイマン「おやおや・・・かつての仲じゃないですか・・・」

ポールヘイマン「今日は、素晴らしいニュースをもってきたんですよ!」

ブロックレスナー「は?」

(関係ないが、交互に話されると、ほんとうに声が似ていてびっくりする)

ポールヘイマン「マジソンスクエアガーデンの興行が迫ってまあす!」

ポールヘイマン「あなたは、レッスルマニアに、そのベルトを持って行けるとおもっているんでしょうが・・・」

ポールヘイマン「なんと!その前に王座戦がマジソンスクエアガーデンで組まれる・・・かも!

ポールヘイマン「なんと相手は・・・あの、EliminationChamberで負傷した・・・ボビーラシュリーかも!

・・・というわけで、実質的に(現地時間2022)3/5に開催されるマジソンスクエアガーデンでのハウスショーの宣伝だったみたいです。

ちなみに、そのショーで予定されているのは↓以下のカード。

More Details on WWE’s March 5 Live Event at Madison Square Garden

ロマンレインズ vs. セスロリンズ

Roman Reigns vs. Seth Rollins for the WWE Universal Championship

ロンダラウジー&サシャバンクス vs. シャーロット&ナタリア

Ronda Rousey and Sasha Banks facing Charlotte Flair and Natalya in a tag team match

ベッキーリンチ vs. ビアンカベレア vs. リアリプリー

Ttriple threat Raw Women’s Championship match between Becky Lynch, Bianca Belair and Rhea Ripley.

ComicBookというアメリカのサイトなんですけど、重いんで行かない方がいいです。

いま流行の、動画をサイトに組み込んでいる・・・ってやつなんですよね。

あれ、すんごくサイトアクセス阻害するんで、やめてほしいんですが・・・


・裏情報


今回のポールヘイマンとブロックレスナーのセグメントですけれども・・・

もちろん第一のねらいは、レッスルマニアの大一番(ロマンレインズ vs. ブロックレスナー)に向けてのストーリーラインの継続です。

ただ、それ以外の背景には↓こんなことがあるみたい。

✔ (現地時間2022年)3月5日のマジソンスクエアガーデン興行は、記録的なチケット販売低迷らしく・・・ガラガラらしい。なので、景気づけにブロックレスナーが投入されるらしい。

✔ EliminationChamberでのボビーラシュリーの負傷アングルだが・・・ボビーラシュリーが肩の調子が悪く、ああいう参加のさせかたしかできなかったらしい。

・・・だそうです。

なので、RAW一発目で”宣伝”をしたetc・・・ということですね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m