ニュース:ジョニーガルガノ, NIL(NextInLine), AEW視聴者数

なんかWWEは考えている方向が違うみたい。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

NXT 2.oや、継続する大量リリースから、WWE内に大きな変動が起こっているのは察することができます。

ひとつの要因は、RAWが沈みゆく船となっているのを止められないことでしょうね。

おそらく、ゲイブルスティーブンソンを投入するところに賭けている、とおもいます。


・AEW視聴者数


WWEはRAWもNXTも視聴者数はボロボロです。

それに対し、好調でもないが、比較的視聴者数を保っているのがAEWです。

参考:AEW DYNAMITE RATINGS UP SLIGHTLY FOR LONG ISLAND EPISODE

参考:AEW RAMPAGE VIEWERSHIP UP FROM BLACK FRIDAY EPISODE

直近でDynamiteが80万人台・・・(私=アンチ希望は70万人台, 60万人台)

Rampageが50万人台・・・(私=アンチ希望は30万人台)

・・・で踏みとどまっています。

AEWは、ぜんぜん見てないです。

ひたすら視聴者数ばっかり追っています。


・ジョニーガルガノがフリーエージェントに


煮え切らないマイクをした、ジョニーガルガノ・・・

結局、ジョニーガルガノはWWEから離れました(現在フリーエージェント)。

まだ再契約の可能性は、あるみたいです。

参考:Report: Johnny Gargano’s WWE contract has expired

・・・ただね・・・ジョニーガルガノで引っぱりまくった回のNXT・・・視聴者数最悪だったんですよ・・・

参考:WWE NXT RATINGS DOWN FOR WARGAMES FALLOUT

つまり、ジョニーガルガノなんておっさん、だれも注目していない・・・

そうWWEのほうがドライに振り切った考え方しはじめるかもしれません。


・NIL=NextInLine


で、ようやくトップ画像の話です。

NIL = NextInLineというWWEの若手育成プログラムです。

NXTよりはるかに育成の性格が強いです。

契約したのは、だいたい、大学のレスリング部出身者。

① 選手としてNXTやらRAWやらに出演できるわけではない。

② むしろ、その(①)ノウハウをパフォーマンスセンターで習う。

③ パフォーマンスセンターの器具とか自由に使ってよい。

④ あとプロレスのシナリオライティングとかも習える。

こういうのUFCもやってましたね・・・

か、な、り、WWEは、事業を根本から見直そうとしているみたいです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m