ジョゼアルド vs. ロブフォント(UFC on ESPN 31)

ジョゼ/ホセアルド(José Aldo)
バンタム級 5 位
170cm, 61kg
ブラジリアン柔術, ブラジル出身
35歳
vs.
ロブフォント(Rob Font)
バンタム級 4 位
173cm, 61kg
ブラジリアン柔術, プエルトリコ
34歳
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

マネルケイプが出たUFConESPN31のつづきです。

ホセアルドって、もっと歳とっているとおもったんですけどね・・・とにかく、メディアでよくみる顔です。

フェザー級でコナーマクレガーにベルトを落とし(2015/12/25, UFC194)・・・

ボルカノフスキーに負け(2019/5/13 UFC237)、バンタム級にまで体重落としてきた選手です。

2011年から、もう10年もUFCにいる、超ベテランですね。

(以下、画像出典はUFCです。)


・ジョゼアルドが強かった


1R のこり20秒くらい。
ジョゼアルドの右ストレートが
クリーンヒット!
ロブフォントは、そのままダウンするが、
パウンドに移っている間に
ゴングに救われる。

UFCの場合、タイトルマッチでなくても、メインイベントは5R行われます(ここら辺、勘違いしているかたが多いようです)。

・・・まあ、タイトルマッチでもないのに5Rもやらされるのは選手としては、たまったもんではないんでしょうが・・・カネで解決しているんでしょうね。

で、ジョゼアルドです。

メキシコ(スペイン語)読みだと、ホセアルドですかね・・・?

ジョゼアルド強いです。

じぶんで、もうオレUFCでお爺ちゃんみたいな気分なんだが・・・みたいにメディアに語ってましたが・・・

戦わせると、強いです。

さすが10年選手。

もう1Rで、ロブフォントを仕留めるところでした(上掲画像)。

ロブフォントのほうがランク上なのですが・・・


・ユナニマス(満場一致)で判定勝ち


終始、試合をコントロールしていたのは、
ジョゼアルドだった。

そのまま試合を支配していたのは、ジョゼアルドでした。

最後も、ジョゼアルドが、もうすこしでロブフォントを仕留められそうでしたが、ゴングに救われました(上掲画像)。

判定を聞くまでもなく、ジョゼアルド側は勝利ムード。

そのまま、大差をつけてジョゼアルドが判定勝ちしました。

これは文句ないかな。

バンタム級って、日本のMMAにもっとも近い階級なので・・・

ここの戦いみると、世界と日本の差がよくわかるとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m