ニックディアスの再起戦(2021/9/25 UFC 266)

ちょっとディアスが
ひどすぎた。
出典:UFC

こんにちは、山田です。

ニックディアス/ディアツ(Nick Diaz)、38歳。

ミドル級の選手です(Bellatorの前身のStrikeforceでは、ウェルター級王者だったみたいです)。

身長183cm, 体重84kg。

まあ、日本のプロレス選手とほとんど同じ位大柄です。

2007年PRIDE33で五味隆典(身長173cm, 体重70kg)と対戦し、勝利しましたが、マリファナ陽性が出て無効試合。

ADHDのため、マリファナは手放せない模様。

試合中の奇行(やたら挑発する、大声で話す、リングに寝そべる)が、マリファナ使用のためのハイ状態のためでしょう。

以上・・・

YouTube:UFCのニックディアス特集←もっと面白いのあったんですが、みつけられませんでした。みつけたらリンク貼り替えます。

Wikipedia(日本語):ニックディアス

・・・はい、以上が予習になります。

では、試合見てみましょう。

(以下、画像出典はUFCです。)


・面影なし


三日月蹴り!

ニックディアツ(ス)の対戦相手は、ロビーローラー(Robbie Lawler)でした。身長180cm, 体重84kg.

ディアス(ツ)は結局UFCではチャンピオンになれなかったんですけど、ロビーローラーは、しっかりウェルター級のチャンピオンになってます。

39歳で、ディアス(ツ)よりひとつ年上。

でも、グッドコンディションで試合に臨んだのは、あきらかにロビーローラーの方でした。

マリファナ切れると、ディアス(ツ)は、こんなにも凡庸なファイターになるのか・・・。

2015年のアンダーソンシウバ戦後に、二人そろって薬物検査で引っかかって、今年(2021年)まで出場停止だったんですが・・・(TJディレショーみたいな感じ)

不節制だったんでしょうね・・・

初見で、いまのニックディアス(ツ)みせられたら、かなりきついです。

アンダーソンシウバが、あのユライアホールとの試合(そんなにクオリティーは低くなかった)でリリースされましたから・・・

もしかしたら、これでニックディアス(ツ)もリリースかな。

試合は、最初からずーっと、ロビーローラーが押していました(上掲画像)。


・リタイア(試合放棄)


この直前の
右フックが効いた。

試合は、2Rから、もうニックディアス(ツ)が、どこか効いたのか、逃げ回る展開・・・。

惰性で試合するような展開になって・・・

会場もディアス(ツ)コールが早々に止み、ブーイングに変わるような展開でした。

こうなると仕留められないロビーローラーにもとばっちりがくるような雰囲気になって来たんですが・・・

そこは3R頭で、ディアス(ツ)のヒザがガクンと折れ・・・TKO(上掲画像)。

ロビーローラーが勝利しました。

この試合は、ちょっとひどかったです。

ニックディアス(ツ)は、もう引退でしょうね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m