ブロンブレイカーがNXT王者に(2022/1/4 NewYear’sEvil)

Steiner Recliner !!
キャメルクラッチです。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

2022/1/5, NewYear’sEvilというTV特番で、ブロンブレイカー(Bron Breakker←たぶん、この”kk”はワザとやっている)が・・・

・・・トマソチャンパを破り、NXT王者になりました。

以前からブロンブレイカーはプッシュされていたので、いつかは・・・という感じでしたが・・・

おもったより早かったですね。

これで最悪、トマソチャンパも離脱(AEW行き)となるかもしれません。

ジョニーガルガノはAEW行くでしょう。

ようするに問題の根っこにあるのは、昇格できなかった、という外部より内部の人間が非常に気にしていることです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ブロンブレイカー


滞空時間のなが~い
ブレンバスター!!

ブロンブレイカーの試合、初めて見ましたが・・・

むちゃくちゃいい選手ですね。

ブロンブレイカー(Bron Breakkker)

アメリカ出身

身長183cm

体重104kg

バックグラウンドはKennesaw State Owlsでのフットボール(アメリカのね。サッカーじゃないよ)

このKennesaw State Owlsってのは、大学スポーツのコングロマリット(複合体)みたいで・・・

各人の適正でバスケとか、フットボールにふりわけられるみたいです。

参考:Kennesaw State Owls(Wikipedia英語)

いかにアメリカでスポーツが大学で重要な役割を果しているのか、わかります。

で、ブロンブレイカー・・・183cmとメインを張れるような大きさではないですが・・・

なんか、アメリカ版石井智宏みたいな選手ですね。

ただ、飛んだり跳ねたりもこなします。

みているだけでも、相当技の引き出しは多かったです。


・クルーザーウェイト廃止


定点でのムーンサルトなんかもこなす
ブロンブレイカー。

ちなみに、今回のNewYear’sEvilで、北米王者とクルーザーウェイトが合併されました。

カメロヘイズ(北米王者)vs. ロデリックストロング(クルーザー級王者)

これで2o5Liveは、アイデンティティーさえ失ったことになります。

どうなることやら。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m