チカーゼ vs. ケイタ―(2022/1/15 UFC Fight Night)

ギガチカーゼ(Giga Chikadze),
ジョージア国, フェザー級8位,
身長183cm, 体重66kg,
空手とキック出身, 33歳.
vs.
ケルビンケイタ―(Calvin Kattar)
アメリカ, フェザー級5位,
身長180cm, 体重66kg,
ブラジリアン柔術黒帯, 33歳.

こんばんは、山田です。

すこし前になりますが、2022/1/15, UFCの新年興行第一弾として、最下位放送のFightNightでしたが・・・

フェザー級の試合が行われました。

(以下、画像出典はUFCです。)


・チカーゼが勝つとおもわれたが・・・


オッズは、
チカーゼが−700(fovorite)=勝率87.5%
ケイタ―が+400(underdog)=勝率20%
読み方は、こちらの記事参照。

チカーゼは、エドソンバルボーザ(Edson Barboza)という格上の選手を、彼のニックネーム通り忍者の動きで、判定でしたが圧勝で下したのをみました(この記事)。

それに対し、ケルビンケイタ―は、あのマックスホロウェイのUltraInstinctネタ(ドラゴンボールのヤツ)で出てくる相手です(この記事)。

こんな役回りなので・・・

ランクはケイタ―の方が上なんですが、圧倒的にチカーゼ勝利の予想がされていました(上掲画像)。


・ケイタ―の妙技が光る!


チカーゼのワンツーを交わして、
バックスピンのエルボー!
クリーンヒット!!

しかし、ふたを開けてみれば、ケイタ―の圧勝でした。

1Rはグラウンドで、チカーゼをギリギリのところまで攻め立て・・・

2Rはチカーゼを立ち技技術で圧倒(上掲画像)・・・

5R判定(ユナニマス=審判全員ケイタ―支持)で、ケルビンケイタ―が勝ちました。

いや~ケルビンケイタ―の上手さばかりが目立ちましたね。

ギガチカーゼは、”ニンジャ”の動きもできず、下がりながらボクシング技術で応戦するのがやっとのようでした。

・・・となると、これより上に居るマックスホロウェイって、ほんとうに強いんだね・・・

またしても選手層のぶ厚さを垣間見た一戦でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m