Barboza vs. Chikadze(UFC on ESPN 30)

フェザー級
9位と10位の戦い
(出典:UFC)

こんばんは、山田です。

(現地時間2021年)8月28日、UFC APEX(無観客のインドア試合場)で、UFCの中位放送 on ESPNで、フェザー級の試合が行われました。

エドソンバルボーザ(Edson Barboza), ブラジル, フェザー級9位

vs.

ギガチカーゼ(Giga Chikadze), ジョージア国, フェザー級10位

ジョージア国ってのは、ロシアとトルコに挟まれた中東の国ですね。

(以下、画像出典はUFCです。)


・チカーゼが押す!


チカーゼのフライングニー!!
バルボーザの耳をかすめる!!

パッと見、バルボーザが勝ちそう・・・というのが、私の印象でした。

バルボーザは、ムエタイバックグラウンドだって言ってましたが、ブラジルなんで柔術の経験もあるでしょう。

それに対し、いかにもアラブ系の顔立ちをした、ハゲた(失礼)チカーゼは、なんだか色白で中年のおっさんみたいでした。

・・・でも、あれ?バルボーザ効いてんの?・・・という素振りが、1R目から見られるようになります。


・チカーゼの勝ち


物凄く体重の乗った
右のカウンターストレートが、
バルボーザの左ほおを捉える!
→そのままダウン
→グラウンドの攻防
→また立ってラッシュ
→レフェリーストップ

結局、チカーゼの技術が、すべてにおいて、バルボーザを上回った、としか言いようのない試合でした。

積極的に、ミドル、ハイ、パンチを出していったチカーゼの圧勝とも言えます。

というわけで、最後はレフェリーストップで、チカーゼがバルボーザを下しました(上掲画像)。

素晴らしい試合でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m