堀口恭司戦オッズなど(Bellator272)

やっぱり海外メディアに出ると
えっらく童顔やな。
(出典:MMAJunkie

こんにちは、山田です。

今週末(現地時間2021/12/3, 12/4)は、日本のMMAファンも注目する興行がアメリカで開催されます。

2021/12/3
Bellator 272:メインカードでバンタム級王座戦(Wikipedia英語
セルジオペティス(王者) vs. 堀口恭司

2021/12/4
UFC on ESPN: Font vs. Aldo:マネルケイプが登場(Wikipedia英語
フライ級前座戦:マネルケイプ vs. Zhalgas Zhumagulov(元FightsNightGlobal王者=Wikipedia英語

じつは、UFCは頻繁にリリース(解雇)を行っていて、先日(日本時間2021/11/30)も元ライトヘビー級王座挑戦者KevinLeeがリリースされたところでした↓

参考:UFC releases Kevin Lee after seven years, 18 appearances

なにが言いたいのかというと、マネルケイプは前回キャッチウェイトで勝ちましたが、その前に2連敗・・・なので、ほぼ背水の陣、ということです。

相手も、ほとんど同じ境遇の選手で、前座戦(PreliminaryCard)ながら死闘が予想されます。


・オッズ:堀口有利


ちなみに、日本のかたが
海外のギャンブルサイトに入ろうとすると、
”アンタの国では禁止されているのでダメです”
と上掲画像のような画面が出ます。

プロレスやMMAでは、オッズが出ます↓

参考:

ロイヤルランブル2018ーその3:ナカムラ選手の人気。

レッスルマニア34(4):いい加減アスカ選手のこと書かないと・・・その2。

WWEはシンスケナカムラのプロモに失敗している?その1

独特の+・・・, -・・・表記なので↓以下のコンバーターを使って、何%と予想しているか、理解してください。

Odds Converter

・・・さて、注目の堀口恭司戦のオッズですが、トップ画像のMMAJunkieによると・・・

Odds (as of 11.29.21): Horiguchi -180, Pettis +140

これ↑は、勝率に直すと↓このようになります。

堀口恭司の勝つ確率64.3% vs. セルジオペティスの勝つ確率41.7%

なんで足して100%越えるかは、知りません。

いずれにせよ、いまのところ堀口恭司のほうが勝つ、と大体みんな考えているみたいですね。

RIZINとしても勝ち戦として送り出したに違いありません。

これで年末興行に弾みをつけたいのでしょう・・・

・・・でも、南アフリカ変異株は予想していなかったとおもいます・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m