マネルケイプの試合(UFC 265)

前々座(Early Prelim)なので、
客席は超ガラガラです。
(出典:UFC, 以下同じ)

こんにちは、山田です。

UFC 265のつづきです。

元RIZINバンタム級王者(UFC移籍により返還)マネルケイプが、Catchweight(階級ではなく選手間で合意した体重でやること)として、前座に出ました。


・オーデオズボーン


マネルケイプ(Manel Kape)
アンゴラ出身ポルトガル国籍。
129 lbs = 58.5 kg(165cm)
→バンタム級
vs.
オーデオズボーン(O’de Osbourne)
ジャマイカ出身。
125 lbs = 56.7 kg (170cm)
→フライ級

マネルケイプの相手は、オーデオズボーンでした。

体重的には、マネルケイプがバンタム級、オズボーンがフライ級になりました。

身長はマネルケイプより高い。

経歴みると、フェザー(フライ→バンタム→フェザー)でやったり、バンタムでやったり・・・体重調節ボロボロの選手みたいですね。

参考:Ode’ Osbourne

オズボーンが、無理して体重下げてきたの・・・?

いや、マネルケイプが失敗したみたい!

上掲↑オーデオズボーンのWikipedea記事に書いてありますね。

フライ級契約だったが、マネルケイプが、3ポンド(1.36kg)軽量に失敗した。

このため試合は Catchweighになった。

マネルケイプはファイトマネーの20%を、オズボーンに払うことになった。

At the weigh-ins, Manel Kape weighed in at 129 pounds, three pounds over the flyweight non-title fight limit. The bout proceeded at catchweight and Kape was fined 20% of his purse, which went to Osbourne.

というわけで、フライ級契約で、マネルケイプが体重調節に失敗したみたいです。


・マネルケイプが勝った


タックル癖のある相手に有効な
ジャンピングニー!

試合は、終始マネルケイプが圧倒している感じでした。

(オーデオズボーンの)170cmで57kgってのは、フツーの体形なんですが、ファイターとしては、ヤセた部類なんでしょう。

どうみてもマネルケイプ(外人アナウンサーだと、メイネルケップみたいな感じ)が勝ちそうにみえました。

不敵な笑みを浮かべるマネルケイプ。

終始スタンディングだったんですが、途中から、オーデオズボーンが、タックルをねらうにしても、避けるにしても、しゃがむクセがあるのに気づいたんじゃないでしょうか。

そこにつけこんで、マネルケイプがフェイントかけたかもしれません。

ちょうどオーデオズボーンが、しゃがんだところに、マネルケイプのジャンピングニーがクリーンヒット(上掲画像)!

そのままパウンドで勝利しました。

雰囲気から行って、マネルケイプ、もっと上に行きそうですね。

堀口恭司との試合みたいとき、つまらなかったので、途中で見るの止めたんですが・・・

参考:マネル・ケイプ vs. 堀口恭司 / Manel Kape vs. Kyoji Horiguchi – 12/31/2017

本試合みるかぎり、また試合みたいとおもいました。

RIZINでは、ぶっちぎりで強かったのかどうかも、ちょっとチェックしたいですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m