Lewis vs. Gane(UFC 265)

ミオシッチは、
まだランキング1位なのか・・・。
(出典:UFC)

こんにちは、山田です。

MMA(総合格闘技)を好きで、よくみているので、今回から(ヤマガタさんから)引き継ぎ担当させて頂きます。


・ガヌーなにやってんの?


UFC265は、トヨタセンターで開催されました。

キャパシティー(観客動員数)は、約20,000人です。

満員でした(トップ画像)。

メインは、ヘビー級暫定王者(interim champion)決定戦:デリックルイス vs. シリルガンでした。

なんで暫定王者?ってのが、疑問だとおもいます。

どうやら、今年(2021年)の3月に王座奪取したフランシスガヌーが、試合間隔が短すぎる(前ミオシッチは9カ月も空いていた)!とダダこねたらしいんですよね・・・

参考:Francis Ngannou reacts to Lewis vs. Gane interim title booking at UFC 265: ‘Nothing has been right’

というか、シリルガンは、6月なんで、2カ月ちょっとしか空いてないんですけど・・・


・デリックルイス


デリックルイス(Derrick Lewis)
アメリカ
vs.
シリルガン(Curyl Gane)
フランス
・・・
会場は当然、ルイス支持。
ガンにはブーイング。

というわけで、ダダこねたガヌーに”逆ギレ”したUFCが、暫定王者戦を勝手に組んじゃったわけですね。

・・・で、シリルガン vs. デリックルイスになったわけですが・・・

私はデリックルイス、あんまり好きじゃないです。

昔ながらのヘビー級、つまり、巨体で圧殺&パンチという戦法ですね。

なので、シリルガンに勝ってほしかったです。


・ガンが勝った(3RTKO)


ガンの左ハイ!
→この後パウンドで、
レフェリーストップ。

試合は、スタンディングでした。

デリックルイスは、キックもできるんですけど、ムエタイ王者のシリルガンの方が、一枚も二枚も上手(うわて)・・・。

デリックルイスが得意の圧力をかけるんですけれども、シリルガンが華麗なステップで距離を取ります(こういうファイティングスタイル身につけたいですね)。

シリルガンが、なんかコナーマクレガーみたいにも見えました(背中の鎖のタトゥー一緒じゃない?)

シリルガンを捕まえられず、またローを食らい・・・次第にブヨブヨ体形のデリックルイスが疲れて来ます。

ただ、会場はデリックルイスを応援。

最後は、もうガス欠みたいな感じで、被弾しまくったデリックルイスのTKO負けでした(上掲画像)。

会場はシラケてましたね~・・・

フランシスガヌー(現ヘビー級王者)、ほとんどフランスですからね(この記事)。

これで、UFC最高峰のヘビー級がフランス人に独占されてしまいました(ミオシッチいますが・・・トップ画像)。

こりゃアメリカ人面白くないでしょう。

でも私としては、シリルガンが勝ってよかったです。

アメリカも、もっとシェイプアップされたファイターをヘビー級に送り込まなきゃ。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m