ライアンホールが負ける(UFC 264 Prelim)

ボコボコに
パウンドされる
(馬乗りで殴られる)
ライアンホール
・・・。
今成正和も、
世界に出ると、
こうなってしまうのか
・・・。
(出典:UFC)

こんにちは、ヤマガタです。

足関十段と日本ではチヤホヤされる今成正和なんですが・・・

・・・そのUFCバージョンともいえるライアンホール(Ryan Hall)の敗戦は、或る意味、目が覚めるようなものでした。


・イリヤトゥポリヤ


強い。
スペインの選手
(なんか人種的に複雑みたい)。

今回の勝利で、
11戦全勝。
ブラジリアン柔術。

ライアンホールをみるための、UFC前座戦(Preliminary Card)だったのですが・・・

・・・いや、もう相手のイリヤトゥポリヤ(Ilia Topuria)がスゴすぎました。

完全に正攻法で、ライアンホールを封じ込めていました。

ライアンホール・・・ほとんど滑稽というくらい通用していませんでした。

なんか、カタツムリみたいでした(ヒールフック=ヒールホールドを、なんとかのひとつ覚えみたいに取りに行くので)。

一世を風靡した今成正和&ライアンホールのファイトスタイルですが・・・

・・・はやくも賞味期限切れ、ということでしょうね。

ただ、今成正和と対戦した瀧澤謙太と、イリヤトゥポリヤが、全然ちがった、というのも注目に値します。

もうイリヤトゥポリヤは、ライアンホールを全然怖がっていなかったし、とにかく圧倒していました。

なので、イリヤトゥポリヤが素晴らしい、という感想しか残りません。

これがUFCのレベルなんでしょうか。

RIZINかなわないだろう。

というか、ロープダメだよ。

UFC見慣れていると、もう金網じゃないと、試合不自然にみえる。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m