バンディードがROH王者に!(2021/7/11 BestInTheWorld)

バンディード
やっぱりイケ面やなあ。
(出典:ROH)

こんにちは、ヤマガタです。

現地時間(2021年)7月11日、ROHのPPV, BestInTheWorldが、メリーランド州のChesapeake Employers Insurance Arenaというところで開催されました。

キャパ5,000人のバスケアリーナっぽいところだったんですけど、1,500人ってところだったかなあ・・・?

コロナ禍か、チケット売れなかったのか、わからなですけど(客はマスクしてませんでした)、結構ガラガラ状態でした。


・ルーシュ


ROHでは負けなし。
今回バンディードに負けたのが、
はじめての敗戦。

チャンピオンのくせに、なんにもしてこなかったルーシュが、ひさびさの見参でした。

ただ、やっぱり役者が違う、という感じでしたね。

とりあえず、ルーシュ出しておけば、ROHは盛り上がります。

バンディードの金玉とか握ってました。

きんたま握ってました。(←二回言うな)


・メキシコらしい試合


これが一番の見せ場。
机を二枚並べたところに、
バンディードが、
プランチャーをして来た。
それをエプロンサイドで、
ルーシュが、
裏投げみたいにして、
机に叩きつけた。
机のひとつは、
解説席のものだったので、
その後、
解説者たちが、
みんな行儀よく椅子に座っていたのが印象的。
ROHならではの、
解説席にいる、謎の美人なおネーさんは、
今回見当たらず・・・。

試合は、ルチャリブレ+ストロングスタイルみたいな感じでした。

内藤哲也っぽい、定点での激しい動きが多かったです。

バンディードは、いつもの無茶な動きで応戦。

ルーシュは、定点からの加速した動きが多かったです。

ふたりとも、グラップリングはあんまりやらないんだよね。

たぶん、それがルチャリブレの戦い方なんだとおもいます。

16分という非常に短い試合でした(私は、そういう方が好み)。

最後は、けっこうあっけなくて・・・

ルーシュが、バンディードのマスク剥いだところに、逆にバンディードがスキをついて丸め込み、スリーカウントでした。

これは結構、サプライズかな。

ここからROHが、どう盛り上がってゆくか、見ものです。

・・・というか、新日本プロレスとの関係、はやく公表してくれ。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m