【アンチ歓喜】AEWの視聴者数低下, でもImpactWrestlingよりマシ

結局, 市場の限られたパイの取り合いに
なっているだけの気がする。
(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

恒例のネタですね。

Fightfulが凄まじい記事をあげていて↓それに即してます。

参考:Wrestling Television Viewership Numbers: WWE Raw, SmackDown, NXT, AEW, IMPACT

ちなみに、RAW, SmackDownに対する認識は、この記事から変わらないので、今回は脇に置いておきます。


AEW Dynamite:いよいよ80万人台に


CMパンク祭りが終ろうとしているAEWですが、そのフラグシップ番組Dynamiteが、80万人台にまで落ち込んで来ました。

ここまでの数字↓

2019/10/2: 140万人 (Debut show)

WednesdaysNightWars中:大体70万人(コロナ中)~85万人(コロナ前)

2021/4/14: 130万人(WednesdayNightWars終了初)

2021/11/24:89万人

つまり、AEWも、せっかく水曜日NXTが去ったのに、元の視聴者数に戻ってきてしまっているんですね。


AEW Rampage:40万人台


夜の10時からやっている時点で、視聴者数がとれないRampageですが、ついに40万人台まで落ちて来ました。

August 13, 2021: 740,000 viewers
August 20, 2021: 1.129 million viewers
August 27, 2021: 722,000 viewers
September 3, 2021: 696,000 viewers
September 10, 2021: 670,000 viewers
September 17, 2021: 642,000 viewers
September 24, 2021: 640,000 viewers (Two-Hour Special)
October 1, 2021: 622,000 viewers
October 8, 2021: 502,000 viewers
October 15, 2021: 578,000 viewers
October 22, 2021: 533,000 viewers
October 29, 2021: 623,000 viewers
November 5, 2021: 599,000 viewers
November 12, 2021: 515,000 viewers
November 19, 2021: 556,000 viewers
November 26, 2021: 431,000 viewers

番組史上最低の視聴者数であり、話題になっています。

参考:AEW Rampage On 11/26/21 Draws Lowest Viewership In Series History

ただ、サプライズで底上げしていただけなので、40万人台が本来のRampageの実力だとおもっています。


・ImpactWrestlingは、惨憺たる数字


今回、Fightfulの記事で明るみに出たのは、貴重なImpactWrestlingの数字です↓

January 7, 2020: 200,00 viewers
January 14, 2020: 182,000 viewers
January 21, 2020: 150,000 viewers
January 28, 2020: 188,000 viewers
February 4, 2020: 174,000 viewers
February 11, 2020: 176,000 viewers
February 18, 2020: 186,000 viewers
February 25, 2020: 195,000 viewers

November 10, 2020: 127,000 viewers
December 22, 2020: 133,000 viewers (Best of 2020 Part One)
December 29, 2020: 103,000 viewers (Best of 2020 Part Two)
January 5, 2021: 148,000 viewers
January 12, 2021: 161,000 viewers
January 19, 2021: 147,000 viewers
January 26, 2021: 186,000 viewers
February 2, 2021: 173,000 viewers

June 3, 2021: 143,000 viewers
June 10, 2021: 125,000 viewers
June 17, 2021: 111,000 viewers
June 24, 2021: 111,000 viewers
July 1, 2021: 69,000 viewers
July 7, 2021: 120,000 viewers
July 15, 2021: 109,000 viewers
July 22, 2021: 104,000 viewers
July 29, 2021: 113,000 viewers
August 5, 2021: 103,000 viewers
August 12, 2021: 122,000 viewers
August 19, 2021: 126,000 viewers
August 26, 2021: 98,000 viewers

October 7, 2021: 111,000 viewers
October 14, 2021: 89,000 viewers(←記事化している)

October 21, 2021: 93,000 viewers
October 28, 2021: 100,000 viewers
November 4, 2021: 118,000 viewers
November 11, 2021: 79,000 viewers
November 18, 2021: 129,000 viewers
November 25, 2021: 48,000 viewers (Thanksgiving)

10万人割って来てますね・・・

プロレス自体が、そんなにビッグスポーツではない、という気もするんですよ。

ぶっちゃけジジイの軍団なので・・・CMパンクやら、ジェリコやら、ダニエルブライアンやら、アダムコールら・・・が、いつ、どのタイミングで決定的に飽きられるか、がポイントでしょうね。

みるかぎり、AEWのスターは、ちょっと出そうにない。

オメガボロボロ。

ほんとうにブリットベイカーしか、光るものがない、というのがAEWに対する感想なんですが・・・

やっぱり、弱小インディーであるImpactWrestlingとROHがとばっちりを食らった、という業界の構図は、予想された通りだとおもいます。

AEWは70万人台まで落ちて・・・NXTとまた競争し始めるんじゃないかな。

Rampageは、10時放送開始なんてやっている限り、30万人台まで落ちるとおもう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m