ImpactWreatlingが低視聴率を叩き出す(2021/10/14)

歴代三位の低視聴率
(出典:ImpactWrestling, 以下同じ)

こんばんは、ヤマガタです。

一時期AEWとの協業で盛り上がったようにみえたImpactWrestlingですが・・・

やはりダメなものは、ダメ・・・ということでしょうか。


・視聴者数10万人以下


2021/10/14のImpactWrestlingは、2021/10/23のPPV, BoundForGlory直前回、という大切な放送でした。

参考:Bound for Glory (2021) Wikipedia英語

しかし、視聴者数は89,000人というAXSで歴代三位の低視聴者数でした。

参考:Impact Wrestling Draws Third-Lowest Viewership Since Move To AXS TV

WWEが200万人、AEWが100万人でやっているのを考えると・・・

いかにImpactWrestlingが小規模弱小インディーか・・・というのがわかります。

図らずも、この記事で確かめた数字が、再度確かめられたことになります。


・AEWも新日本プロレスも対岸の火事ではない


ひき続きNewJapanStrongと並行して、
新日本プロレスのメンバーも参戦している。
本試合は、
クリスベイ(バレット倶楽部がセコンド)

クリスサビン(FinJuiceがセコンド)
だった。

ImpactWrestlingの体たらくは、三国同盟ともいえるAEWと新日本プロレスにとっても対岸の火事ではありません。

まず、AEWは、もうベテランですがスターを揃えていますし、視聴率が怪しいので、ImpactWrestlingを切る、という選択肢が出て来るようにおもえます。

現在ImpactWrestlingには、AEWからの出向というかたちでクリスチャンケイジが出ています(トップ画像=ここでオメガからベルトとった)。

場合によっては、クリスチャンケイジもろともImpactWrestlingは、AEWから切られるというのもあり得るかもしれません。


・もっと深刻なのは新日本プロレス


小島聡派遣辺りから、
かなりImpactWrestlingに
力を入れてきたのが
新日本プロレスだった。

ImpactWrestlingをみていて、さらに悲観視されるのが新日本プロレスです。

ImpactWreslingには現在かなり新日本プロレスの選手が出ていて・・・

それでも視聴者がうんともすんとも言わないのは、そのまま新日本プロレスの海外進出の難しさを表しています。

新日本プロレスはすでに2022年レッスルキングダム16は、1月4, 5, 8日と三日間も計画されています。

参考:【特報!】なんと来年の『WRESTLE KINGDOM 16』は史上初の“3連戦”!1月4日(火)、5日(水)は東京ドーム2連戦! さらに1月8日(土) には横浜アリーナで開催決定!!

この時期に、ImpactWrestlingやAEWの選手が参戦するとおもわれるのですが(とくにCMパンクダニエルブライアンが呼び物にされるでしょう)・・・

大ゴケするんじゃないかな、と私はおもっています。

ImpactWrestlingの不調と、AEWの失速(それと反比例するようなトニーカーンへの注目)は、その予兆にみえるのです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m