小島聡&エディエドワーズ vs. ジョードーリング&ディーナー(2021/6/24 Impact Wrestling)

いっしょにサウナに
入っているのでは
ありません。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

これで小島聡のImpactWrestling派遣は終りなのかな?

ジョードーリング & ディーナー

vs.

小島聡 & エディエドワーズ

・・・という形で、ImpactWrestlingタッグ王座戦が行われました。


・どんな試合だった?


ImpactWrestlingの、
若きメインアナウンサー
ジョシュマシューズ(Josh Mathews)。
結構ハキハキ話すひとで、
私は気に入っています。

小島聡の派遣アングル最終章という感じで、楽しいタッグ戦、という感じでした。

結局、小島聡とエリックヤングの対戦はないのかな?

試合自体は、ジョードーリングが出て来ると、もうなんとも・・・という感じのデカさでした。

なので小島組は、ディーナー狙いだったんですが、結構、今回ディーナーも頑張り・・・

・・・あとちょっとのところでタッグ王座奪取には至りませんでした。

あと、エディエドワーズですね。

WWEのケビンオーエンズみたいな選手です。


・負けた(小島組が)


レボリューション

!!ボム!!

試合は、最後、コジコジカッターも決まり、行け!エドワーズ!!となったんですが・・・

ジョードーリングがカウンター気味にレヴォリューションボム(とにかく高い所からパワーボム)を決め・・・

失神気味にエディエドワーズが、スリーカウントとられました(上掲画像)。

好きか嫌いかで言われたら、好きな試合。

小島の陽気な性格が、うまく試合に色付けをあたえてました。

みてて楽しかったです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m