ダコタカイとラケルゴンザレス(2021/5/25 NXT)

WWEはフルセイル大学
戻る気あるんですかね・・・。
(画像はキャピトルレスリングセンター
出典:WWE

こんばんは、ヤマガタです。

ラケルゴンザレス・・・紫雷イオからNXT女子王座を奪った期待の新星です。

手足の長さ、美形だけれども男に媚びていない、身長高い、スタイルよい・・・

・・・こういった点で、ラケルゴンザレスとリアリプリーにWWEは、非常に期待している模様です(どっかで読みました)。


・ダコタカイ


ダコタカイは、
なにか、
持っている。

そのラケルゴンザレスを、WWE視聴者に紹介したかたちになったのが、ダコタカイです(上掲画像)。

・・・大した技術持ってないんですが、存在が面白いんですよね( ̄m ̄〃)ぷぷっ!と笑う意味で(←予測変換で出てきた絵文字使うな)。

これはレスラーにとって非常に重要な要素で、だから、ダコタカイは弱いけれども重要人物です。

そんな”友達”関係にあるラケルゴンザレスとダコタカイが、今回、ショツイブラックハート&エンバームーン組と対戦しました。

ショツイブラックハートも、なにか持ってます。

エンバームーンは、ちょっと落ち目かな・・・。


・負けた(王者ラケルゴンザレス組が)


案の定、
ダコタカイが、
ショツィブラックハート組の
合体技で沈む。

とくにラケルゴンザレスの強さが誇示される、というアングルも無く・・・

試合は、ダコタカイが生贄(いけにえ)となって終了しました(上掲画像)。

エンバームーンは、まだトップ戦線にのこるのかな?

ショツィブラックハートとのコンビは適材適所だとおもいます。

ちなみに、サリーはまだアングルあたえられてないです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m