AEWとWWEの近況

かなりAEWが巻き返している模様
(出典:AEW)

こんにちは、ヤマガタです。

MoneyInTheBankみて、WWEに一気に風が吹き始めたな~・・・とおもったんですが・・・

AEW踏みとどまってますね。

それどころか、RAWかSmackDownに匹敵する勢力になりそうです。


・視聴者数 1,148,000人


MoneyInTheBankを挟んで、あ~もうAEWいっかな~・・・みたいに私はおもったのですが、AEW自体は失速せず、むしろ勢いが増しました。

Fyter Fest Day 1 は視聴者数 1,025,000人

Fyter Fest Day 2 は視聴者数 1,148,000人

参考:AEW DYNAMITE DRAWS THIRD-BEST VIEWERSHIP IN SHOW HISTORY

Fyter Fest Day 2 のカードは、そんな食指動かなかったのですが・・・

・・・やっぱり人気者のモクスリーがメイン張ると、ショー自体が引き締まるんですよね・・・。

WWE自体は気を抜くと、150万人台に落ち込む可能性大ですから、もうかなりAEWとの差は縮まって来ているとおもいます。

参考:RAW, SmackDown, AEW, Impact, ROH の視聴者数

結局、その最後の数十万人の差を、AEWは、ダニエルブライアン&CMパンクというWWE組で埋めることになるとおもうのですが・・・(この記事参照)

・・・もうこうなったらAEWは手段なんか選んでらんない、という感じでしょうね。


・ロックのリターン


WWEの方は、ロックのリターンを今年11月のSurvivorSeriesまでに実現させたい予定みたいです。

参考:The Rock Reportedly Returning To WWE Soon

相手はロマンレインズ。

ジミーウーソーが飲酒運転で、またしても(らしいです)捕まったらしいのですが、WWEは、そんなところでコンプライアンスにこだわっているヒマもなく、ジミーを出演させ続けました。

参考:WWE’s Jimmy Uso Arrested on DUI Charges for Second Time in Two Years

DUIってのは、driving under the influence(これで飲酒運転)です。

なぜ、そんな力業(ちからわざ)に出たかといえば、ともかく、このアノアイファミリー・アングルを、ロックに向け完成させたいからだそうです。

アノアイファミリーについては、次を参照してください。

参考:Anoa’i family(Wikipedia英語)

ロック一族って意味ですね。


・アンチAEWは何を待てばよいか?


個人的には、しばらくAEWの勢いは衰えないとおもいます。

他方で、新日本プロレスのアメリカでの存在感は消えるでしょうね。

唯一、のぞみがあるとすれば、ダニエルブライアンで、彼が、新日本プロレスに参戦したがっているのは、あらゆるメディアで語られているところです。

・・・ということは、ダニエルブライアンは、AEWに登場してもフリーってことでしょうね。

ここら辺のフリーのレスラー中心に、AEWと新日本プロレスが仲違いしてゆく・・・というのが、(私も含め)アンチAEWの望んでいるところでしょう。

しばらく見守りましょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m