ホロウェイ vs. ロドリゲス(2021/11/13 UFC Fight Night)

向かって左:マックスホロウェイ
ハワイ出身、一応グレイシー柔術。
あとムエタイのバックグラウンドもあるみたい。
身長180cm
体重66kg
フェザー級1位、29歳。
vs.
向かって右:ヤイールロドリゲス
メキシコ出身、テコンドー。
身長180cm
体重66kg
フェザー級3位、29歳。
(出典:UFC)

こんにちは、山田です。

168cmのボルカノフスキーがチャンピオンのフェザー級ですね。

180cmの2人が争います。

1人はフェザー級のスター、マックスホロウェイ(Max Holloway)です。

UltraInstinctネタは、UFC公認↓となりました。

参考:Max Holloway Reacts to His Calvin Kattar Fight Highlights | ‘I’m the Best Boxer in the UFC, Baby’


・ヤイールに勝つホロウェイはすごい


ヤイールがMMAに持ち込んだとおもわれる
新しい動き。
しゃがんだ所から
アッパーカット気味に
ヒジが飛んでくる。
これもホロウェイにクリーンヒット。
でも倒れない。

ホロウェイの対戦相手となったヤイールロドリゲス(Yair Rodríguez)の試合も、一度みたほうがいいとおもいます。

今回のホロウェイ戦じゃないものですね。

テコンドーならではの、蹴りの妙技を駆使します。

パンチテクニックもありますね。

非常に強い選手。

マックスホロウェイって、ひょろっとして強そうにみえないんですけど、この選手に勝ったところをみると、やっぱりすごく強いのがわかります。

基本的にホロウェイは脱力系パンチャーですね。

詰めた距離からストレートを出してきたりするところに怖さがあります。


・判定でホロウェイが勝った


テイクダウンをとる
ホロウェイ。

立ち技一辺倒かとおもったら、そうでもありませんでした。

一応グレイシー柔術のホロウェイが、グラウンドでのコントロールで、ヤイールロドリゲスより有利に立った、という感じです。

結果、ユナニマス(満場一致)の判定で、マックスホロウェイが勝利しました。

これで、いよいよ2連敗している絶対王者ボルカノフスキーに三度目正直で挑戦する道が開けた・・・ということになるのでしょう。

ボルカノフスキーの強さが、逆に際立つわな。

これだけ下の順位の選手に高度な試合みせつけられると・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m