ケイリーレイ vs. サリー(2021/11/9 NXT)

これ、すっごい技ですね。
STFの変形版みたいな技。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

NXT2.o(2021/11/9)のつづきです。

サリーが、NXT UK出身の大物、KLRことケイリーレイ(KayLeeRay)と対戦しました。

たぶんケイリーレイは、これがNXT二戦目だとおもいます(一戦目は・・・いまはなきエンバームーンでした)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・負けた(サリーが)


場外でのアナウンステーブルへの
Gory Bomb !!
今回から名称は、
KLR bomb
に変更されていた。

試合はケイリーレイの強さをみせつけるセグメントだったので、サリーが負けました。

場外でのKLRボム(上掲画像)→リングに戻ってKLRボム→スリーカウント。

日本のファンにとっては、徐々にサリーが負け越し始めたのが気になるところです。


・NXT2.oは相当ヤバイ


じつはイメチェンしてからのNXT・・・NXT2.oですが・・・

ぜんぜんうまく行ってません。

60万人ジャスト、というところですね。

参考:WWE NXT VIEWERSHIP DOWN, 18-49 DEMO RATING STEADY

これは放送時間帯において、ずっと不利なRampageとほぼ同じ視聴者数、ということになります。

参考:AEW RAMPAGE FALLS JUST BELOW 600,000 VIEWERS ON FRIDAY NIGHT

もともとNXTのライバルは、AEWのフラグシップ番組Dynamiteだったことを考えると、これは、かなり緊急事態だとおもいます。

一応、マンディローズがテコ入れとして来たんですが・・・

男性タレントとして、だれか必要でしょうね。

リコシェとか、ドルフジグラー、ボビールード(ロバートルード)あたりを、うまく使うべきではないでしょうか。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m